忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

ENTRY NAVI

原発は必要ない

バブル前の電力消費量なら計画停電は、必要ないという。
今現在、東京中の人達が節電を心がけるようになった。
電気は、必要だ。
それによって成り立っている仕事も数知れずある。
でも、無駄に垂れ流していた部分も多々有ったという事にみんな徐々に気付き始めている。
そこにもっと早く気が付いていれば原子力発電所は、元々必要なかったのかもしれない。
原発は、自然の力を利用したものではない。
そして、何よりも、もしもの事があれば国民に甚大な被害をもたらす事は、分かっていた筈だ。
そのリスクよりも巨大な電力を求める事に本当に意味があったのだろうか?
世界で唯一の原爆被災国でもある日本に本当にそれが必要だったのだろうか?
答えは、充分出たと思う。
それも最も悲惨な形で。
原子力は、現人類のキャパシティーを超えていたんだ。
現在日本には、54基の原発があるそうだ。
原発の電気供給量は、国全体の3割を補っているという。
ということは、7割は火力や水力という事になる。
電気というものに対する意識が変わりつつあるこの時に国民全体が節電というものを意識すれば3割くらい減らせるんじゃないか?
実際今もそれ位の数字は出せていると思うし。
そして、その間に火力や水力発電所を新たに急ピッチで進めていけば原発は、全て廃止出来るだろ?
原発設置には、1基につき1兆円近い金が掛かるそうだ。
この金に群がる大企業や魑魅魍魎の為に多くの人達がリスクを負う破目になっているのが実状だ。
リスクなんてもんじゃない。
生贄と言ってもいいだろう。
誰の為の発電所なのか?
どろどろした裏事情が、これから徐々に暴露されていく筈だ。
俺達は、そこまで馬鹿じゃないぜ。
PR

君等の力を見せてくれ

このブログも以前のように更新するのがなかなか難しくなっている。
何故かと言えば家に帰った時に余力が全然無いからなんだ。
毎日読んでくれていた人達には申し訳無いがもう少し待ってくれ。
被災した大勢の人達に比べれば大したことじゃないが、ライブハウスも痛手を受けている事は確かなんだ。
その修復作業的な部分に思考の殆どを使っちゃってるからそれ以外の部分に頭を使う余裕が残ってないんだ。
ちょっと弱音を吐いているように聞こえるかもしれないが、別にそういうわけじゃないよ。
それだけ優先してやらなきゃいけない事が沢山出てきたという事なんだ。
商売より優先しなきゃいけない事、でもその上でも商売しなきゃいけない現状、その狭間で自分が何を選択してどう行動をとるべきか。
何処からも不満が出ないようにする事は、はっきり言って不可能だ。
そうすると誰にとっての悪者になる事を選ぶかという事になるんだ。
厳しい役目だが、これが代表者の宿命なので逃げる事は出来ない。
そんな中で、自主的に力になってくれる若い人達がいる。
力強い。

被災地の人達にとっては、苦難の道が続く。
そして、この大地震の影響は、これから全ての日本人にとってマイナスのエネルギーを齎すことになると思う。
そのマイナスをプラスに替える事が出来るのは若い力しかないんだ。
今こそ君等の力を見せてくれ。

今、何を

少しはましになったが、米をはじめとした食料、トイレットペーパー等の生活必需品、そして、大勢の人の移動手段に大きく影響するガソリンまでもが品薄になった。
交通網の乱れからという部分は仕方が無い。
でも、買占めの為となると話は違う。
自分や家族が困らないようにという事は、分かる。
だけど、その結果として明らかに困る人達が生れるわけだ。
どうなんだ?
これでいいのか?
恥ずかしいとは思わないのか?
それでいて現地の人達は大変ねなんて言いやがる。
勝手なもんだ。
節電は、出来るけど買占めはしたいってのはどういう心理なんだろう?

自粛ムードが拡がっている。
それは、娯楽施設だけに留まらず飲食店等にも大きく影響している。
これでいいのかな?
東北の人達の事を思えば笑ったり楽しんだりするのは不謹慎、非常識というのが一般論なのかもしれない。
それが、心の底からそう思ってというのなら分かる。
誰だって自分と同じ大勢の日本人がこれだけ酷い仕打ちにあって重苦しい気持ちにならないわけはない。
でも、俺達が自粛する事で誰かが助かるのだろうか?
助かるって言うのなら幾らでも自粛するよ。
でも、そうじゃないだろ?
現地の人達もそんな事を望んでいるとは思えない。
これは、間違っていると思う。
勿論、腹の底から笑う事なんかとてもじゃないが出来ないよ。
だけど、日本中が鬱病患者みたいになっちゃったら日本は終わっちゃうだろ?

今、俺達は何をするべきなのか。
そして、何を思うべきなのか。
軽はずみに流される事だけは止めよう。
一瞬、一瞬をしっかり噛み締めて前に進もう。

愛の力

相変わらず危険な状態が続いている。
そして、不安な日々が日本中、いや、世界中を覆っている。
しかし、被災した人達に比べれば俺達の試練など比較にもならないだろう。
みんな!元気か!
ここで下を向いてばかりいては駄目だ。
自然は、俺達を試しているのかもしれない。
この試練を乗り越えられないのなら、もうお前等人間の支配は終わりだと最後通告を突きつけられているようだ。
気持ちを入れ替えよう。
これ以上、負のエネルギーが拡がれば、今度は俺達の心が押し潰されてしまう。
店を再開して三日間、俺は改めて音楽の素晴らしさを痛感した。
数時間のライブでどれだけ力を貰った事だろう。
そして、音楽を愛する人達の励まし合い。
大丈夫?頑張ろうね!
今こそ愛の力を結集しよう。
傍若無人の自然界に立ち向かえるのは愛しかない。
愛の力を握り締めて前へ進もう。
大丈夫だ。
俺達は、まだまだ頑張れる。

前を向いて生きよう!

16日から営業を開始する事にした。
勿論、出来る限りの節電をしてのものだから通常のライブとは違うものになるだろう。
俺も色々考えたよ。
そして5日間営業を止めた。
誰も居ない車の中では、3回泣いた。
これだけ毎日被災者の状況をテレビで観ていれば同じ日本人として胸が苦しくなるのは当たり前だと思う。
大勢の人が亡くなり助かった人の中でも家族を失ったり家を流されたり生きる希望を失ってしまった人も沢山いる事と思う。
ごく身近な所にも家族の安否を気遣い不安な日々を送っている者がいる。
俺は、怪我の一つもしていないのに何十万人もの人が今も生きるか死ぬかの思いをしている。
生きている事が申し訳なく思ってしまう。
押し潰されそうだ。
だけど、みんながみんなこんな気持ちでいたらどうなんだろうという気持ちが湧いて来た。
音楽は音を楽しむと書く。
こんな時に楽しむなんて気持ちにはなれないかもしれない。
でも、生きるというのは、前に進む事だろう?
立ち止まってみんなで泣いていたら日本は終わってしまうよ。
生きる喜び、生きるエネルギーを貰えるんだよ、音楽からは。
だから、今日から店を開ける事にした。
中には、家族を被災地の避難所に残したままのバンドマンもいるんだ。
それでも彼等は音楽で俺達に力を与えようとしている。
それを受け止めないでどうするんだ。
みんなでしっかり前を向いて生きよう!

無事を祈る

みんな、大丈夫か?
大変な事になっちゃったな。
家族には、ちゃんと連絡したか?
うちの店も開店以来、始めてライブを中止する事になってしまった。
楽しみにしていたお客さんには、本当に申し訳ない事をしてしまったと思っています。
申し訳ありませんでした。
今、午前4時だが、ニュースを観ると既に350人以上が亡くなったと伝えている。
こういう時に犠牲者になるのは、どうしても年寄りが多い。
被災地に親を残して都会に出て来ている人達にとっては、心配で眠れないよな。
電車は、動かないし車も大渋滞だし、その上電話も繋がらないんじゃ何も出来ないもんな。
と、言っている内に、今、新潟で震度6の地震が新たに発生したみたいだ。
今回の地震は、1000年に1度有るか無いかの強さで日本では最大、世界でも5~6番目の大きさらしい。
それにしてもって、おい、今度は茨城で起こったぞ。
余震にしては、随分広範囲だ。
因みに余震は、今後1ヶ月は続くらしいから未だ未だ注意が必要だ。
こんな時に俺達が出来る事、それは先ず落ち着く事だ。
ってまた来た。
新潟だ。
それから情報をしっかり把握しておく事も重要だ。
うっ、今度は福島だ。
半端じゃねぇな、全く。
二次災害っていうのもあるから火の元は、気を付けろよ。
暫くの間は、こまめにガス栓も締めておいた方がいいな。
うわっ、また来た。
今度は宮城で震度6強だ。
今日は、冗談も言えないな。
エロ話も中止だ。
大事な人は、お前が守れ。
とにかくみんなの無事を祈ってるよ。

重たい荷物も軽くなる

今年の花粉は、去年の10倍って言われていたが、30倍なんていう予報も出ているらしい。
本当かよって高を括っていた俺が甘かった。
最悪だ。
アレルギー用の目薬や点鼻薬が全くと言っていいくらいに効かない。
流石は、史上最高の飛散量だけの事はある。
なんて感心してる場合じゃないな。
今も飲み薬で鼻は止まっているが、目の痒みは一向に収まらない。
一番まずいのは、集中力が保てないという事だ。
そんな状況で今、このブログを書いているんだが、もう何を書く積りだったか忘れちゃったし。
でも、こうやって何でも忘れちゃうっていうのは、決して悪い事ばかりじゃないんだぞ。
忘れるって行為があるから人間は、生きていく事が出来るんだからね。
何言ってんだか意味不明だと?
じゃあ、説明しよう。
世界中の誰しも例外無しに、人は、苦しい事、悲しい事を経験するよね?
だけど、みんなそれを乗り越えて生きていけてるだろう?
何故かと言えば記憶が薄らいでいくからだよ。
人生で一番辛いのは、愛する人との別れだ。
今迄にこのブログで何回も触れた愛別離苦って奴だ。
そして、その別れの中で最も辛いのが、自分の子供が先に亡くなってしまう逆縁という奴だ。
想像するだけでもその辛さが並のものじゃないのが分かるだろう?
でも、そういう目にあったからといって誰もが自殺しちゃったり、生きていけなくなっちゃったりってわけじゃないよね?
それは、忘却能力があるからだよ。
忘れるって言葉には、一見マイナスのイメージしか出て来ないが、実は、物凄くポジティブな行為なんだよね。
こういう発想は、何故か日本ではポピュラーじゃないが、外国人と話をしているとかなり頻繁に出て来るし、浸透しているのがよく分かる。
勿論、その国によって表現の仕方は違うが、中身は全て同じだ。
日本人は、どん詰まりになるととことん深刻な表情を浮かべるが、何とかなるさで乗り切っちゃう外国人は、非常に多い。
あれは、どうせ時間が経てば忘れる事だしっていう意味合いが多分に含まれているからだと思う。
悪く言えばいい加減。
俺達日本人は、生真面目だからそういう目で見てしまう事が多いよね。
でも、良い意味で捉えれば前向きだと思わないか?
立ち止まるより前に進んだ方がいいだろう?
立ち止まっても時間は、前にしか進まないんだからね。
大丈夫だよ、重たい荷物も時と共に軽くなるんだから。

チャリンコって聞くと・・・

赤信号、みんなで渡れば怖くない。
なんて、随分前に流行ったもんだが、最近凄く気になるのがチャリンコの信号無視だ。
信号に対してこれだけ従順に従うのは、世界中で日本人くらいのもんだが、流石にチャリに乗って携帯で会話しながら当然のように赤信号無視している奴を見ると轢き殺したくなる衝動に駆られる。
こっちが右左折の時なんか、本当に何回轢きそうになったか分からないもんな。
それで、実際に轢いちゃったら悪いのは車を運転している方で、前方不注意なんて言われちゃうんだから割に合わない話だよ。
さて、そんな今では誰もが普通に使うチャリンコって言葉だが、その語源って知ってるか?
君等の歳では当たり前に使ってるが、あれは族用語なんだぞ。
族と言っても勿論ひょうきん族じゃないぞ。
暴走族用語なんだ。
今から30~40年くらい前に頻繁に行われていた族系等の不良と朝鮮系の不良との抗争から生れたものなんだ。
って言っても朝鮮語での自転車の意味であるチャルンケからきているだけだけどね。
でも、そんな時代を知っている俺からすると喧嘩もろくにした事も無いような連中にチャリンコって言われる事にカチンとくるってのも何となく分かるだろう?
南北朝鮮の一方である韓国とは、やっと仲良くなれたけど、当時は北も南も同一視されていて物凄い差別があったんだ。
俺は、この差別、その中でも人種差別って言葉が死ぬほど嫌いだ。
族が暴れまわるより数年前、あれは、俺が未だ小学校3~4年だった頃の話だ。
友達は、大勢いたが、その中でも最高の親友と呼べるのが菊池君という奴だった。
通称キックだ。
キックの家は、うちの近所で時計屋さんを営んでいた。
俺達は、授業が終わると必ず一緒で散々遊んだ後にはキックの家へ行って彼の兄弟も交えてその日の遊び収めをするというのが略日課になっていた。
そんな或る日の事、彼の家族から自分達は、日本人じゃない、朝鮮人だという話を聞いたんだ。
俺にとっては、だから何?としか思えなかった。
キックは、何人だろうと親友だし彼の家族も大好きな事に何も変わりは無いと思っていたからね。
それで家に帰ってその事を家族に話したんだ。
そうしたら散々怒られたんだ。
もう、一緒に遊んじゃ駄目だし家に行ってもいけないってね。
その意味が、俺には全く分からなかった。
ただ悔しいだけだ。
翌日、俺はその事をキックに話したんだ。
勿論、彼も悲しい顔をしていたよ。
それから数ヵ月後、彼は俺に何の断りも無しに転校してしまった。
それを知って彼の家に行ってみると、もう、あの時計屋さんも消えていたんだ。
どうやら彼が朝鮮人だっていう噂がいつの間にか広がっていたらしい。
おそらく俺が学校でも誰かに話した事が原因だと思う。
そんな積りじゃなかったのに。
こんな別れはあんまりだよ。
キックやキックの家族が誰かに迷惑かけたって言うのか?
こんな事が、平然と行われていたんだよ、当時は。
人種差別っていうのは、される側じゃなくてする方に問題があるんだよ。
過去に何があったとかって、それは国同士の問題であって個人には、何の関係も無いだろう?
只単に排他的な小さな心が生む人として最も恥ずかしい行為が人種差別だと俺は思っている。
あれからずっとね。

虚ろな目

馬鹿野郎!としか言えない。
今度は、3歳の幼児が殺された。
犯人は、未だ20歳の青年だ。
一見大人しく、社会から阻害された感があるという部分は、相変わらずだ。
こういう事件は、これから益々増え続けるだろうと再三警鐘を鳴らしてきたが、歯止めを掛ける手段が一向に話し合われないのは何故なんだ。
見回りをしようとか夜道の一人歩きはやめようとかそういう一過性の対策じゃ無くならないんだよ。
そうじゃなくて、こういう青年が出来上がってしまった土壌に問題があるという事を認める所から始めなければ、状況が悪化を辿るのは当然じゃないか。
根源は、一つだと思う。
寂しいっていう気持ちだよ。
もっと端的に言えば孤立だ。
人は、他人と連携をとって始めて生きられるものだろう?
これがあるから生きる喜び、日々の起伏や活力も生れるものだと思うんだ。
誰だってその部分を断ち切ってしまえば精神的に不安定になりバランスを崩してしまうだろう?
そんなのは、本人の人間性の問題だろうと思うかもしれないが、その人間性っていうのは、持って生れたものも勿論あるが、周囲の環境によって作られていく部分が多々あるんだよ。
人の心は、外に向かっていく事で育まれていくものだ。
楽しい事、嬉しい事、逆に悲しい事や辛い事を沢山経験して育っていくものだろう?
そりゃあ、内に向かって反省したり考え込む事も重要だけど基本は外向きであるべきものの筈だ。
しかし、子供の時から死ぬまでの競争社会日本では、その部分が蔑ろにされている。
これを克服出来る人間が、略半分。
出来ない人間も半分というのが現状じゃないかな?
そして、その出来ない方の半分の中に割合として多くを占めるのが、若い世代なんだと思う。
そういう割り振りになってしまった原因は明らかだ。
現在中年以上の世代は、子供の時に今の若い世代よりも外向き志向の中で育っているからだよ。
政治の世界での第一課題は、常に経済に関する事だ。
そうじゃないんじゃないかと俺は思うんだ。
そうやって生み出されたのが大量のバランスを崩した人間だって事を反省しなきゃまずいだろ?
俺は、毎日接する人の9割が若い世代だ。
何かを欲している筈なのに生気の無い虚ろな目をした若者が大勢いる。
これを見過ごすわけにはいかないんだよ。

恋の三寒四温

やっと暖かくなって来たと思ったら今日は、雪が降るかもという予報だ。
所謂、三寒四温という気温が乱高下する時期だから仕方が無いが、こうやって焦らされる行為は、どこか恋愛にも似た光景でもある。
嫌われたらどうしよう、ふられたら悲しいし寂しいし。
でも、好きだから打ち明けたい。
そんな心の葛藤が三寒四温のように乱高下するのも恋愛の甘酸っぱさの一つの要素とも言えるのだが・・・。

あのさあ・・今度の土曜日何してんの?
え?別に・・・・。
凄く観たい映画が封切りになるんだよね。
・・・ふ~ん。
・・・・・・。
行くの?・・・観に。
行こうかと思ってんだけど・・・。
・・・誰と?
いや、別に・・・ひとりで・・・かな・・・。
ふ~ん、・・・あたしも行こうかな・・・。
えっ、・・・まじで?
一緒に行ってあげてもいいよ。
え~~~っ、ほんとに~っ?
うん。・・・ふふっ。

そんな初々しい恋愛から遠ざかって数十年。
あのさあ・・・お願いがあるんだけど。
えっ、何~?またやらしい事なんじゃないの~?
何言ってんだよ。違うよ。
だって、いつもやらせろしか言わないじゃん。
違うよ、そんなんじゃないよ!
そうなの?・・・じゃあ何?
取り敢えず、先っちょだけでいいから入れてもいい?
ばっかじゃないの~、信じらんな~い。

馴れとは、恐ろしいもんだ。
おかしいなぁ~~。
疲れてんじゃないの?
そんなことないんだけどな~。
あっ、浮気したでしょ?
してないよ、そんなの!
じゃあ、なんなのよ~!
いや~、なんでだろ~。
わかった!あたしじゃ刺激が足りないって事?
違うよ!
ふん!最低~!
ごめん、だから、そうじゃないってば~!

こうは、ならないように気を付けよう。

革命を起こしたあの一曲

結構長い文章をよくあんなに毎日のように書けますね。
最近こんな事を言われる機会が多くなった。
そうなんだ、自分でも不思議なんだよ。
元々ずぼらで面倒臭い事は、大嫌いな性格の筈なのに。
それで一応書き始めて言葉に詰まったら止めようという気持ちで一行書いてみるとそれがいつの間にかそれなりの長さになっちゃうっていうのが続いているだけのような気がする。
だから自分でも、ああ、俺ってこんな事を考えていたんだって逆に気付いたりして面白かったりするんだ。
実は、今日も本当は、休もうかと思っていたんだ。
特別話したい事も無かったしね。
それで、家でゆっくり昔のレコードでも聴こうなんてね。
そうなんだよ、仕事柄ってのもあって音楽に関しては、どうしても普段から新しいものを中心に聴く事になっちゃうんだよね。
だけど、誰にでもあるように、俺にとっても心の相当深い所まで刻み込まれていて、おそらく死んであの世に行っても忘れられないだろうって曲があるんだ。
そういうのって偶に聴いてみようかって気になるだろ?
それで、ちょっと埃を被っていたけど引っ張り出して来たんだ、あいつを。
誰かが間違って踏んずけたりしたら、おそらくそいつの鼻骨が折れる位のパンチを食らわす筈なのに埃の中に放置している所が、やっぱりずぼらだろ?
加川良っていう人の伝道って曲なんだ、そいつは。
やっぱりいいね、レコードって。
CDみたいに音がひりひりしてないもん。
なんか、すごく暖かいと言うかまろやかと言うか生っぽいだろ?
昔のフォークソングだから、尚更そこら辺は拘りたいよね。
もう40年前の曲だけど、その頃中学生だった俺にとっては、人生を変える程の衝撃を受けた名曲なんだ。
悲しい時にゃ 悲しみなさい 気にすることじゃ ありません あなたのだいじな 命に かかわることも あるまいし って繰り返し繰り返し、それも淡々としゃがれた声で包み込むように優しく歌うんだ、あの人。
今の若い君等が聴いたらどう思うんだろう?
貧乏臭せぇって思うのかな?
昔のフォークってやっぱり貧乏臭が漂いまくってたからね。
でも加川良は、そんな中でも哲学なんて何の事やら分からなかった中学生にとっても哲学的だったんだよ、多分。
包茎が剥けチンになった時のような、いきなり新しい世界が見えちゃったみたいな感じだよ。
音楽って、やっぱり凄いよ。
聴いているだけなのに心が動いちゃうんだもん。
あっ、今凄く単純な事言っちゃったけどそうとしか言えないもんな。
もうちょっとかっこつけて言えば、心に革命を起こす事の出来る音楽は素晴らしい、なんちゃって。
あの曲聴いてなければヘブンスドアは、間違いなく存在してないな。

理想的社会

例の入試不正事件の犯人が早くも逮捕された。
19歳の予備校生だったけど、そこまでしても受かりたかったんだね。
何かこれも時代を切り取ったような事件だと思う。
彼にとっては、合格以外に自分の将来は見えなかったんだろうか?
もし、そうだとしたら全ての責任は、彼だけにあると決め付けるのは少し酷なような気もする。
不正は不正で、他の受験生達がみんなフェアにやってるんだから処罰されるのは当たり前だ。
確かにそうなんだが、彼が起こした事件の背景には、子供の頃からの周囲の大人達の影響が多大なのは疑う余地も無いと思う。
人間は、産まれた時には全てが自由だ。
だが、自由のままでは大人になれない。
そりゃそうだ。
誰もが自由気ままにやっていたら社会が成り立たないからね。
それゆえ子供は、自由を犠牲にして大人になるという不条理がこの間に成り立ってしまう事になる。
そして、社会人として成熟した大人は、今度は失った自由を取り戻そうとする。
いったい人の一生って何なんだと思ってしまうが、これが社会の中で生きるという事だ。
それを否定するならたった一人で無人島にでも住むしかあるまい。
要するに社会は、不条理の中で成り立つもの、その上でしか存在しないものというわけだ。
不条理ってどういう意味だか知ってるか?
筋道が通らない事、道理に合わない事っていうのは誰でも知ってるよね。
でも、人生に何の意義も見い出せない人としての絶望的状況っていう意味もあるんだ。
という事は、子供が大人になるという事は、絶望的状況に向かっていくという意味にもなってしまう。
やっぱりおかしいだろう?
本当は、社会の秩序の中で生きる準備をする為にある程度の自由を無くしても致し方ないが、それでもその自由の大切さを忘れさせないように少しでも維持してそれを逆に伸ばす方向に導くのが周囲の大人の務めなんじゃないかな?
それによって、もし国際社会の中で競争に立ち遅れたとしても、人としての幸福度は逆にアップするんじゃないかと思うんだ。
蓮舫さんの二番じゃ駄目なんですかって言葉じゃないけど、そりゃあ競争社会の中で考えたら一番を目指さなきゃ駄目だと思う。
でも、人が人であるべき上での幸福度という尺度から考えれば、経済や科学の進歩度合いは何番でもいいんじゃないかと思うんだ。
子供がそのまま大人になったように見える人って人間的にも魅力的だって言うだろう?
そういう大人を沢山作り出せる世の中っていうのが、本当の理想的社会なんじゃないかと俺は思うんだ。

花粉症

今年の花粉の量は、去年の10倍って言われてるけどマジにやばそうだな。
俺なんか早くも重症だよ。
なんか風邪と殆ど症状が同じだもんな。
鼻は、かみ過ぎてガビガビだし目も痒いし咳も出るし熱もあるみたいだしってやっぱり風邪だったりして。
それにしてもマスクしてる人多いよね。
アメリカだったら重病患者が歩いてるって通報されるところだが、これもやっぱり文化の違いって奴なんだろうね。
だけどマスクも当たり前の日本だが、やっぱり印象はあまりいいもんじゃないと思うんだ。
もうちょっと見た目を何とかして欲しいと思っていたら最近は、鼻マスクっていうのが流行ってるらしいじゃないか。
この間、偶々見ていた番組で若くて可愛いアナウンサーがその装着の仕方を説明していたんだが、別の意味でとても良かったよ。
だって、アップであれを鼻の穴に入れたり出したりしてんだもん。
ちょっと興奮しちゃったよってくだらねぇ話してんな、相変わらず。
みんなにとっては、花粉症って元々あるものと思っているかもしれないが、実は俺が子供の頃ってそんなの存在しなかったの知ってるか?
ごく僅かの人が、アレルギーの一つとして持っていただけで、一般的にはそんな言葉も聞いた事がない人が殆どだったと思うよ。
やっぱり路面の土がアスファルトに替わっちゃったのが大きいんだろうなぁ。
便利に暮らす為にアスファルトにした積りが、予想外の弊害が起こってしまったってわけだ。
東京なんて4人に1人は花粉症だからね。
それならもう一度土に戻せばいいじゃないかと思うんだが、そんな意見を一向に聞かないっていうのは何故なんだろう?
さて、そんなろくでもない花粉症だが、良い事もあるのを知ってる人は少ないと思う。
じゃ~ん、花粉症はガンになる確率を下げるし罹っても進行を抑える効果があるらしいぞ。
らしいじゃなくて、実際にそうなんだってさ。
花粉症は免疫システムの過剰反応によって起こるわけだが、外敵に対する監視機能も強化する結果になるそうだ。
そして、これがガンに対しても強力に破壊攻撃をする事に繋がるんだって。
肺ガンと乳ガン以外は適応するみたいだよ。
極端に言えば、毎年3~4ヶ月苦しむのと死んじゃうかもしれない病気に罹るのとどっちがいいかって話だね。
これで憂鬱な季節も少しは気分良く過ごせるかな?
なんて思って書いてみたけど、今現在の俺みたいに殆ど鼻で呼吸出来ないってのも相当辛いよね。

終着点

京都大学等で行われた入試問題ネット不正事件って単純に言っちゃえばカンニングだよね。
カンニングも随分進化したもんだね。
それに対しての不正防止策として面白い意見がある。
全員全裸で試験を受けさせるって方法だ。
これは、いいな!
最高じゃないか!
それなら俺も受けに行きたいな。
だけど、答えを予想してカプセルみたいなものに入れて肛門に忍ばせておく奴もいるかもしれないからそれも完璧とは言えないかもだね。
女の子なんかもう1カ所隠し場所があるから有利かもって、今日もくだらない出だしで始まっちゃったな。
俺は、入試って奴を受けたのは高校受験の時だけなんだが、多い人だと小学校の時から始まって何回も経験する事になるんだよな?
そんな人達には失礼だが、俺はあんなものは無くなった方がいいと思ってるんだ。
だって、たった一回の試験でその人の能力全てを判断されちゃうわけじゃないか。
もしも自分の適性が遅咲きだったらどうすんだ?
これから出会う出来事によって開花する可能性も潰しちゃう事になるだろ?
それが一番顕著に現れるのが数学のような気がするんだ。
数学って或る意味こつじゃないか。
ポイントのキーワードさえ理解しちゃえば後は組み替えるだけみたいな習性があるだろ?
だから頭の中でパズルを組み立てるこつさえ掴んじゃえば突然変異のように上達したりするものだと思うんだ。
だから、一見数学って言うと一番厄介なもののように囚われ勝ちだけど、実は一番単純なのが数学なんじゃないかって思うんだよね。
それに数学なんて中学生レベルの事が理解出来れば一般的には事足りるからね。
専門的な部分は、基礎知識さえあればそういう進路に進んでから勉強すれば充分なんじゃないの?
要は、脳に柔軟性が有るか無いかが重要な部分だと思うよ。
そして、入試に全てを賭けて頑張っている人達には是非考えて欲しい事があるんだ。
自分は、何の為に頑張っているのかという事を。
いつの間にか合格する事が人生の目標にすり替わっていたりしてんじゃないの?
もし、そうなっちゃってたりするんならリセットしなきゃ駄目だ。
終着点は、幸せになる事だろ?
その為の手段の一つとして入試を受けるんだろ?
俺は、一応高校には入ったが直ぐに辞めたんだ。
自分にとっての終着点に向かうには必要無いって判断したからだ。
ここで3年費やすんだったらもっと有意義な3年を送ろうと思ったんだよ。
それで再入学したのが大人の社会って所だ。
随分おっかない先生ばかりだったけど実の有る授業を一杯受けれたよ。
それに同い年の連中に比べたら3年飛び級みたいなもんだから結果的には随分得した気分だしね。
みんな人それぞれ色々だけど目的と終着点は、決して忘れちゃいけないよ。
そこがぼやけてきたら自分の存在意義も見失いかねないからね。

サティスファクション

お前等ロックは好きか~!って思いっきり煽っておいて曲が始まるとロックじゃないというバンドが非常に多い。
勿論、本人達からするとロックなのかもしれないが、聴いてるこっちは腰砕けなんて思った事はないか?
っていうか、ロックを知らない人からすればそれもロックに聴こえてしまうのかもしれないが。
大体、ロックって何だと訊いてまともに答えられる人って凄く少ないような気がする。
歪んだギターの音がギャ-ンって鳴ったらロックだろって、それは40年前の日本人がみんな思っていた事だ。
あれからどれだけ進化したのかと言えば或る意味物凄い速さで進化したと思う。
だが、ロック本来のロック魂的観点から顧みると確実に退化したと言い切っても構わないと思う。
そうなんだ、君等がロックと信じている物の殆どがロック風ポップなんだよ。
だからといってポップスを否定しようなんて思ってもいない。
俺だってロック以外の音楽を聴かないってわけでもないし、我が家にあるレコードやCDを全部ジャンル分けしたらポップ系も数千枚はあると思うからね。
そうじゃなくて、ポップなのにロックって言っちゃうのは如何なものかって話なんだ。
それって日本人なのに外人だって言ってるのと同じくらい恥ずかしいと思うのは俺だけなのかな?
いいじゃないか、ポップスだって言ったって。
ロックって基本的に何でもありだから曖昧といえば曖昧だ。
曖昧だから無限の可能性を秘めててそこがまた面白いんだけどね。
でも、そんな中にもロックには絶対不可欠なものっていうのもあるんだ。
それは、怒りとか反抗精神だ。
うわぁ~、古臭せ~って思うかもしれないが、それが純粋なロックってもんだよ。
だけど、古臭いって思うのは当たり前だとも思うよ。
だって、今の世の中って、もうかなり熟成されちゃってるもんな。
そんな熟成した世界に住んでいて怒りとか反抗精神とかって言っててもしらけるだけなのは分かってるよ。
だけどさ、だから尚更ロックじゃないって言って欲しい部分があるんだよ。
高々40年の歴史しかないものにそんなにいつまでもしがみ付いておく必用もないだろ?
それともなにか?
ロックのちょっと不良っぽくてかっこいい部分だけ拝借しようって魂胆か?
そういうのがカチンと来るって言ってんだよ。
俺がロックに出会ったのは、8歳の時だ。
ストーンズのサティスファクションを聴いた時の事だ。
何だよこの音楽って思ったよ。
ギャーギャーいっててうるさいなっていうのが第一印象だ。
でもジャッジャーンジャジャジャジャッジャジャッジャーンってとこが妙にかっこよくて母親の財布から小銭をちょろっと拝借してレコード屋へ走ったんだ。
あれから40年以上、未だにロックの病に罹ったままだ。
流石にロック以外の音楽も多種多様に聴くようにはなったが、中心にあるのは常にロックである事に違いは無い。
だから最初に言ったみたいな事があると直ぐに反応しちゃうんだよ。
俺の中で一番大切なものだからね。

別人格だから・・・

小向美奈子再逮捕か。
あの帰国した時の映像を観たか?
ヤバいよな、あれ。
爆乳がはみ出して、まさにハミ乳だもんな。
くそう、浅草ロック座行きゃあよかったな。
前回の逮捕で執行猶予中だったから、今回のと合計で3年半は食らうって噂だぞ。
一応、今回も否定はしているみたいだけどその内容が余りにも子供じみていてこれじゃあ駄目だと思ったよ。
だって、売人のイラン人と何回も会っていたのは人生相談の為なんて言ってんだろ?
警察が逮捕状を出すって事は、売人の携帯に残されていた送受信記録意外にも何か確証の持てる証拠があるからに決まってるよ。
なのに人生相談じゃあなぁ。
それならセックスフレンドだったって言っといた方が未だましなのに。
まぁ、そんな所がまた可愛くていいけど。
って、別に俺はファンじゃないけどね。
ファンじゃないけどあの体形と顔立ちは好きだ。
取り敢えずやらしてくれ。
彼女みたいなのを男好きのするタイプって言うんだろうな。
でも、ああいう自信満々の女と付き合うのは、結構大変なんだ。
俺も過去にあるが、ちょっと目を離すと直ぐ他の男に取られちゃうからな。
だからこっちも常に気合を入れておかなきゃいけないから疲れるんだよ。
面倒臭いからいいやって思っても男っていうのは肉体の誘惑にめっぽう弱いだろ?
それでずるずる振り回されるだけ振り回されて、挙句の果てに惨めな思いをするのは、男の側だけだったりするからね。
それで、ああ、もう自然体で付き合える人がいいやってそういう人と付き合ったとするだろう?
そうするとさ、蘇って来ちゃったりするから困るんだよね。
それもセックスしてる時に限ってさ。
今、付き合ってる人の事しか考えてないっていうのが本心の筈なのに肉体はそうじゃなかったりするから自分でも戸惑っちゃうんだよ。
今これ読んでる女性達からは、最低って思われるかもしれないが、男っていうのはそういう生き物なんだよ。
心と下半身は別物なんだよ。
そんな話をもう一つ。
男女の仲って本当に不思議なもので、誰かと付き合おうとするとそれを確かめるかのような出来事ってよく起こるとは思わないか?
そんな時に限っていい女が接近して来るみたいな事がさ。
それで下半身の欲求に負けてそっちへ行っちゃったりすると、結局それが原因で両方手放す羽目になっちゃったりなんてね。
挙句の果てに俺は女性に対していったい何を求めていたんだろうなんて考え込んだりしちゃったりして。
でも、おそらく結論って出ないよ。
結論が出るとしたらさっき言った下半身は別人格って所に行き着くだけだ。
別人格って事は、他人って事だよね?
他人のする事なんてやっぱり分からないだろ?

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[12/03 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/25 heavensdoor]
[07/19 heavensdoor]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]