忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

目は口程に物を言う

 皆、大統領就任式を見たか?
あれはなかなか素晴らしかったと思う。
実に力強くて真摯な姿勢も伝わったし何しろ説得力が有った。
俺が感じていた昔のアメリカは大きくて強くて正義感が有って自由というイメージだったんだがオバマの演説を聴いていてまさにそんな過去のアメリカが復活するかもと期待せざるを得ない程のエネルギーを感じてしまった。
一番良かったのは実に解りやすく国民に語りかけている姿勢だ。
日本の総理大臣の所信表明演説とは雲泥の差が有ったな。
日本の場合は所信表明に限らず政治家の演説は誰に向かって話してんのか全然分からんし。言葉一つ一つに魂が籠もってないんだよ。少しはオバマを見習って欲しいもんだ。
さて、そのオバマだがこの人はもしかすると世界の救世主になるかもしれない。
というか今の時期にアメリカの大統領になって全ての問題をクリア出来ればそれだけで間違い無く救世主な訳だけどね。
しかし、彼もとんでもない時に大統領になってしまった訳だがなんとなく何かに導かれて成るべき時期に成った様な気がしてならない。
世界中が悪材料を抱えている時に彗星の様に現れたカリスマって感じがしないか?俺にはそう思えてならないんだ。
俺は過去にアメリカに何回か行ったが現地の黒人に対する人種差別ってのはテレビや映画の中でしか知らない日本人が想像も出来ない程、今でも存在しているんだ。
黒人が入れない店なんて沢山有るし住む場所も別れているし。
自由の国といってもそれは白人だけの話で有色人種からすれば不自由な国と言わざるをえないのが実態だったりするんだ。
そんな国で黒人が大統領になるって事がどれだけ奇跡的な事か、おそらく男性が子供を産むって位に普通なら考えられない事の筈だ。
それをオバマはやっちまったんだ。国民はよっぽどの魅力をオバマから感じたとしか言えないだろう?これをカリスマと認めないんだったら何て表現すればいいのか俺は知らない。
演説の為のライターがいるのは勿論知っているがあれは作られた物をただ話している様には思えなかった。
本人とライターが相談して言葉を選ぶらしいのだが8割方はオバマの言葉なんじゃないかな。
そうでなきゃあれだけの説得力は出ないと思うよ。
引き付けられたのは言葉だけじゃあ無い。あの目だ。
目は口程に物を言うっていうがあれは正直者で真摯で正義感に溢れた目だと思う。
口先で奇麗事を言う奴は腐る程いるが目をみりゃそれが本心かどうかは判ってしまうものなんだ。
俺もアメリカ国民だったら彼に賭けてみようと思っただろうな。とにかく皆で今後のアメリカに注目しよう。
状況を変えるには時間も掛かると思うが彼の目に賭けてみよう。
影響力が薄れたとはいえアメリカが変われば世界も変わるというのは今の時点なら未だ通用するだろうから。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[12/03 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/25 heavensdoor]
[07/19 heavensdoor]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]