忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

理想の女性

 ヒラリークリントンが強行日程をこなして風の様に去っていったがなかなか好印象だったな。
大統領予備選挙の時とは顔付きがまるっきり違っていて別人みたいだったよ。
予備選の時はえらく気の強そうな人だなと思っていたが来日時は優しそうな笑みが妙に印象に残ったのは俺だけだろうか。
アメリカの女性がパワフルなのは歴史上もうかなり昔からではある訳だが今後日本の女性も追随してより逞しくなって行くんだろうか。
俺は徐々に変化はしていくと思うがアメリカと同レベルという事であればあと少なくとも50年はかかるような気がするんだ。
なんで50年かと言うと俺の母親の世代の平均的女性像と今のアメリカ女性の平均的女性像の中間位が最近の20~40代の日本女性の平均的女性像だからだ。
じゃあ今から50年前の日本ってどんなだったのか、今日はそんな話をしてみよう。
50年前っていうとちょうど俺が産まれた頃なんで微かに残っている記憶と親から聞いた話も含むから正確って訳にはいかないけどまあ、大体こんな感じだったんだろう位に思ってくれ。
先ず、環境面だが水は井戸水だ。
水道も普及しかけてはいたが家庭では50%以上が井戸水を生活用水として使っていたんだ。
風呂なんかも無い家が非常に多かった筈だ。
俺の実家は有るには有ったが五右衛門風呂ってやつで鉄で出来てんだ。
鉄だから肌に触れると強烈に熱い訳よ。
だから浸かる時も木の蓋を沈めてその上に乗っかって入ったりするんだ。
下駄履いて入ってた記憶も有るし。
そして沸かすのだって薪を焼べるんだ。
君等はくべるなんて言葉も知らないかもしれないがこれは結構大変な作業なんだぞ。
テレビなんか殆どの家が持ってなくてテレビの有る家には人が集まって来ていた。
勿論白黒で室内アンテナだった事位は知ってるよな。
力道山が大人気だった頃はプロレス中継の有る日なんかその家の奥さんは大忙しだ。
冷蔵庫はと言えば電気なんか繋がってないんだぞ。
じゃあ、どうやって冷やすんだって?
そりゃあ、氷で冷やすに決まってんじゃないか。
氷屋さんに持って来てもらうんだよ。
エアコンは当然無い。
世の中にそんな物は存在しなかったんだ。
じゃあ皆どうしていたかというと冬は石油ストーブがやっと普及しだした頃でそれまでは火鉢とか炭を使ったこたつとかかな。
火鉢なんか見た事も無い人が多いと思うがあれはなかなか味が有っていいもんだぞ。
そして夏はもう窓全開しかないんだ。
寝る時は蚊帳なんていう風流な物を使っていたっけ。
ガスコンロもギリギリ出始めた頃でそれ迄は七輪が主流だろうな。
洗濯機なんかも有る訳無くて皆、洗濯板使って手洗いだし。
掃除機も無かったな。
ほうきとはたきと雑巾だけだ。
トイレも当然、水洗なんてものは無くて汲み取り式だ。
硬いうんこなんかしようもんならドッポンって跳ね返って来るんだ、凄いだろ。
それで一杯になったら肥溜めまで移し変えなきゃならないんだがこれが重いんだ。
めちゃ臭いしな。
因みにトイレットペーパーなんて代物も無くて使うのはちり紙って言われていたやつね。
そんな中で当時の女性達は家事をしていた訳だから専業主婦の割合は9割を超えていたんじゃないかな。
だって家事をこなすので精一杯だからな。
家事で一日の大半の時間は使っていたと思うよ。
だから自己主張なんてしてる暇は無かったんだと思う。
それが文明の進化するのと平行して女性も家から出て活躍出来る様になった訳だけどそういう過去の世代からの二代、三代目だから未だ影響も受けている筈なんだ。
それが完全に消えるのがあと50年後位なんじゃないかと俺は思うんだよね。
女性の生きる姿を過去と今と未来とで比較してみた時、どれが本当の理想系なんだろう?
これを世代ごとの男性に尋ねたらおそらく若い世代は今の女性と答えると思うが中年以上は過去の女性って答えるんじゃないかな。
男はやっぱりいつの世代も無意識の内に理想の女性と母親をだぶらせるからね。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]