忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

暴力と愛

やっちまったな北朝鮮。
やり返しちまったな韓国軍。
これはただじゃあ済まないぞ。
この間の尖閣事件とはわけが違うもんな。
何しろ人が死んでるし。
2人死亡して19人が重軽傷だもんな。
その上、被害者の中には民間人もいるんだろ?
これは、冗談じゃなくて下手したら戦争になるかもしれないぞ。
菅さんも不測の事態に備えてしっかり準備してほしいなんて言葉を使って各方面に指示を出したみたいだし。
今回ばかりは珍しく菅さんも対応が早かったがここはあくまで冷静に物事を判断してほしい所だ。
報道では韓国の軍事訓練に対する警告的反応とも伝えられているがそれはちょっと違うんじゃないかと思うんだ。
それなら民間人も大勢住んでいるような所に砲撃なんかしないんじゃないか?
だって、そんな事したら警告だけで済まない事くらい北朝鮮だって分かってるよ。
これはやっぱり腹を括っての行動なんじゃないかな?
あの国は、もう経済が破綻しているんだ。
それが、行き着く所まで行っちゃってて自力ではどうする事も出来ない状況の筈なんだ。
中国の後ろ盾は確かにあるけどその中国も世界一の経済大国になってしまった立場上、あんまり目立った北朝鮮支援の姿勢は見せられないと思うんだ。
もう、世界中の注目を浴びているわけだからね。
そうなると北は益々追い詰められた状態になってしまう。
そこで核開発やミサイルぶっ放した時と同じ様に暴力的な行動で他国と取引しようとするのがあの国のやり方だ。
しかし、今回は完全にやり過ぎだ。
韓国は勿論だがアメリカもこのまま黙って見ているとは到底思えない。
もし、万が一だが北がこれ以上、韓国に対して攻撃を加えるなんて事になったらアメリカも経済制裁なんてものじゃなくて実力行使に出るような気がする。
そうなると中国も大人しくしているわけにはいかない。
物騒な話だ。
それも地球規模で。
そんな一大事になる前に韓国がどんな手を打ってくるのかが注目される所だ。
だけどさ、暴力に対しては暴力でっていうやり方は、一見勇ましい正義のようだけどそこからは何も生れないって事を世界中の人間が知っている筈だろ?
そうじゃなくて愛のある解決方法って絶対にあると思うんだ。
例えば北朝鮮でオリンピックとか万博とか開催出来るように世界中が力を貸すとかさ。
それで、大勢の外国人が北朝鮮を訪れて金を落としていってくれたら物凄く平和的に経済復興援助が出来るじゃないか。
北朝鮮を暴走族に例えてみよう。
あいつ等は本当は根っからのワルじゃないんだよ。
だけど、寂しくて自分の居場所が無くて俺を見てくれって気持ちで暴れているんだよ。
そんな奴等の心に変化が起こる時っていうのは誰かの愛を受け止めた時なんだ。
ああ、この人は本当に俺の事を思ってくれているってね。
皆、もう少し北朝鮮って国を知るべきなんじゃないかな?
彼等がどうしてああいう行動をとるのかその原因の深い所まで見極めるべきだよ。
そして、暴力には愛、武力には愛で立ち向かうのが進化した人類のとるべき行動だと思うんだ。
いくら科学が進化しても心が未熟だから戦争って起こるんだよ。
俺達は、もう、そういう部分に気が付いていなきゃいけないと思うんだ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]