忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪魔のヒーロー

中学3年の男の子が通り魔殺人予告をして逮捕された。
どのくらいの騒ぎになるのか見てみたかったというのが動機らしい。
それによって緊急配備された警察官は、280人、ネットで知って集まった野次馬は、なんと500人もいたらしい。
そんなに人が殺される所が見たかったのかな?
それとも毎日が退屈過ぎて強い刺激が欲しかったって事なのか?
これは、一言で言ってしまえば子供のいたずらだ。
だけど、あまりにも可愛げが無さ過ぎる。
こんな簡単に殺すなんて言葉を使っちゃいけないだろ、やっぱり。
最近は、今迄に殴り合いの喧嘩をした事が無いという若者が非常に多いようだ。
殴り合いを知らないという事は、殴られた時の痛みも知らないという意味でもある。
これは、或る意味、非常に怖い事でもある。
限度というものを知らないという事でもあるからね。
そして、今回のように簡単に殺人予告なんかしてしまう連中も多くなった。
なんか、同じ様な背景があるような気がするな。
免疫が無いんだよ、きっと。
命の尊さってものを考えた事が無いんだよ、おそらく。
そこら辺からカブトムシとかクワガタとか採ってきてきゅうりなんか食わして喜んでたら翌日死んじゃって悲しい思いをしたり、夜店で親父からひよこを買って貰って絶対に鶏になるまで自分で育てるって言い切っておきながら3日で死んじゃった時の悲しさとか知らないんだよ。
そんな昭和の想い出語ってもしょうがないって思うかもしれないが、こういう事に時代も何も関係無いと思うんだ。
今だって動物飼ったりするわけだし。
要するに大人がそういう事を子供に教えるべきなのにあまりにも怠ってきたという事なんじゃないかな?
そんな余裕が無いっていうのが親の理屈なんだろうが、優先順位からいけば命の尊さを教える事は、常に一番初めであるべきだと思うんだけどな。
もう一つの原因は、やっぱりゲームだろうな。
相手がモンスターやゾンビだろうとやたらに殺すゲームが多いよね?
実際にこの少年も死にたくない奴はゲームに参加しないことだなって掲示板に書いてるしね。
バーチャルな世界と現実がごっちゃになるっていう表現を最近よく聞くけど、これなんか全くそのままだろ?
最近やっと児童ポルノに対する規制が騒がれるようになったけど暴力に対しては全くとは言わないまでも殆ど野放し状態だろ?
やっぱりそういう状況を作っている大人に責任があると思うよ、俺は。
散々いい商売して儲けたんだから責任取れよって感じだよ。
子供って何でもかんでもが無防備なんだよ。
そして、純粋、無垢だから何でも吸収しようとするだろ?
そんな子供に毎日殺し合いのゲームをさせてたら誰だって影響受けるし、殺すって意味の重みなんか曖昧になっても仕方が無いと思うんだ。
大人にとっては、ストレスも発散出来て気持ちいい物でも子供にとっては、そのまま吸収して自分の身にしてしまう可能性も高いという事だよ。
秋葉原無差別殺傷事件の犯人を未だにヒーロー扱いする馬鹿がいる。
だけど、今回の少年の例をとっても、このままだと近い将来本当にヒーローになってしまう時が来るのかもしれないぞ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]