忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

事前対策無し

 いやあ、参った、参った。
何がって花粉症に決まってんじゃないか。
こいつに無縁の人には分からないと思うが本当に辛いんだよ。
地球温暖化のせいなんだろうが未だ2月じゃないか。
まさかこんな時期から花粉が飛ぶとは思わなかったよ。
油断しちまったぜ。
って言ってもいつも事前に対策を講じる訳じゃあ無いけどね。
点鼻薬とか目薬は使うがそれは罹ってからの話で俺はいつも丸腰でこの花粉症を受け止める事にしている。
というか病気に関してはいつもこういう姿勢でなるべくいたいと思っているんだ。
だから俺の世代の奴が大抵行く人間ドックなんて当然行った事無いし小中学校で強制的に行われていたもの以外に予防接種もした事無いしさ。
因みに生命保険にも入ってないし国民健康保険も払わなきゃ差し押さえするって言うから仕方なく払ってる位のもんなんだ。
どうも俺はこういった予防的なものが好きになれない。
抵抗を感じてしまうんだ。
花粉症もそうだがインフルエンザ予防にマスクを着けてる人って多いだろ?
それも一つの責任感の表れかとも思うので否定したりはしないが自分がする事はまず無いと思う。
それはネガティブなものを少なくとも俺は感じてしまうからだ。
他の人はどう思うのか知らないが俺は感じるんだ。
確か中国の何処かの地域だったと思うが粉塵が常に舞っている所があってそこは誰もがマスクをしているそうだ。
それから台湾の或る地域では排気ガスが凄くてマスク無しではいられないという事も聞いた事が有る。
それはまあ理解出来る。
だが、予防の為に街中でも平気でマスクをしているのは世界中で日本だけだってのは知ってるか?
これは何故かと言えばさっき俺が言ったみたいにネガティブなものを他人に見せるのはあまり良い事じゃないと思ってる人が多いからじゃないかな?
アメリカなんかだと強くなきゃ駄目的な風潮が有る事も否めないと思うが。
他人に感染しちゃいけないっていう思い遣りやマナーとしてマスクをするのとは意味が違う。
自己防衛的にマスクをして病気を予防する事とマスクをせずにネガティブな空気を他人に与えない様にする事とどっちが大切なのか。
非常に微妙だと思う。
日本人なら大多数が前者だろうが他国では間違い無く後者な訳だ。
そういえば過去に通っていた英語の学校のアメリカ人教師が花粉症で苦しんでいたので俺は彼にマスクしないのって訊いた事が有るんだがその時怪訝そうな表情で否定された事があった。
アメリカ人には有り得ない事の様だ。
そういえば、この間テレビで最近の花粉症グッズが色々紹介されていたんだけどその中で鼻の穴に直接丸いフィルターみたいのを突っ込むってのが有ったんだがあれは笑えるな。
何かの拍子にむにゅって出て来たりしないのかな?
笑って噴き出した時なんかに鼻からもスポーンって飛び出したら面白いのにな。
なんて今日は花粉症絡みの話をしてみたが俺の子供の頃は花粉症なんて無かったんだぞ。
おそらく地面がこんなにアスファルトだらけじゃ無かった事が起因してるんだと思うが。
人間は進化している積もりでも自然を大切にしろっていう警告なのかななんて思ったりして。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]