忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

不自然な決め事

結婚詐欺で逮捕された女の周辺の男性4人が変死しているという事で連続殺人じゃないかとここのところ毎日ニュースで取り上げられているのは知っているだろう?
こういう話を聞くとやっぱり結婚願望を持つ男が如何に多いかって証明にもなる訳だ。
結婚資金にするから何百万円くれとかって普通ならおかしいって思う筈なのに長年の夢が叶うかもって皆だまされちゃうんだろうな。
弱みに付け込んだっていう言い方は少し違うが人の純な気持ちを弄んで金儲けして挙句に殺してしまったっていうのが事実なら全く持って卑劣極まりない事だ。
だけど3回結婚している俺が言うのもなんだがどうして誰もが結婚を望むのだろうか。
恋愛感情が一生続くとでも思っているんだろうか。
俺の場合はどうだったんだろうと思い返してみると相手に対しての愛情の行き着く所が結婚だったという事になる。
それは微妙に結婚願望というのとは違うんだ。
愛情を注いで相手からも愛情を貰ってもっと彼女に愛を返したい。
そして彼女が望む物が結婚なら喜んで籍を入れようとなったんだ。
結果的に3回とも離婚という結果になったが俺としては後悔や罪の意識など欠片も感じていない。
1回目の時だけは少し拗れたが離婚が成立した時には晴れやかな気持ちで相手を見送る事が出来た。
そして今でも別れた3人に対しての愛情は持っている。
去年別れた3人目の人なんか今でも心配で仕方が無いくらいだ。
結婚っていうのは一見夢のような毎日が待っている様なイメージがあるが現実はそうはいかないものだ。
生まれや育った環境も違うんだから性格も感性も価値観も違う訳だしもしかしたら生きる目標さえ違うかもしれない。
そんな2人が毎日生活を共にするんだからスムーズに行く事自体が稀だと思う。
そうなるとうきうきわくわくしていた付き合っていた時とは全く別物という現実が現れてくる。
そこでお互いがどれだけ妥協出来るかって話になるんだ。
妥協より愛情が強ければ別れないというのが一般的な考えとは思うが俺の場合はそうではなかった。
こんなにお互いに妥協して我慢して本当にこれで2人は幸せなんだろうかと考えたんだ。
これも一つの愛の形だと俺は思っている。
もう随分前に知り合った或る売春婦は亭主と3人の子供の生活費を稼ぐ為にこの仕事をしているんだと屈託無く言い放った。
そして亭主も仕事内容を知っているけど仲はいいんだとも笑いながら話していたのを思い出す。
色々な結婚生活があるものだとも思ったが彼女も亭主もそれでいいんならそれでいいんだ。
他人がとやかく口を出す問題ではないんだ。
そんな状況でも二人にとってそれが愛の形なんだと思う。
自分には理解出来なかったとしても価値観は人それぞれなんだよ。
強い結婚願望を持って女に騙される人、離婚する事も愛情だと思っている俺、体を売っても結婚生活を守ろうとする売春婦。
結婚って自然な様で実は凄く不自然な決め事の様に思えて仕方が無いのだが。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 6 7 8 10
12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]