忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

ホッケに煮付けはありません

定額給付金の支払いに関して大揉め状態になっているがあれは一体どういうつもりで誰が言い出した事なんだろう。どうも言い出しっぺは公明党らしいのだが公に麻生の口から出たって事はやはり責任は麻生一人に成るんだろうな。しかし本当に阿呆な事に金を使うよなこの国は。それにやり方が汚すぎるぞ。微々たる給付金を出しておいて3年後には消費税アップを御願いしますってあれは何なんだ。俺達を馬鹿にしてんのか。一人1000万位くれんなら未だ解るが12000円じゃ話になんないだろ。これで2兆円使うのなら消費税を0.数%でもいいから下げてくれる方がよっぽど景気対策には成ると思うんだが。まあカップラーメンが400円だと思ってた様な奴を総裁選挙の時に世論調査でトップにした国民にも責任は有るけどな。俺が推してた小池百合子ならこんな阿呆な政策は絶対に打ち出さなかったと思うが。まあ今からそんな事を言ってても始まらないから次の選挙に賭けるしか無さそうだな。それにしても3人続けてお坊ちゃん体質の奴がトップになるってのは問題だよな。ああ、でも別に金持ちのぼんぼんを批判してる訳じゃ無いよ。ぼんぼんってのは性格的にも良い方向に左右する事も一杯有るからな。そうじゃ無くて今の時代にはそぐわないって事を言いたいんだ。これだけ国民が将来に対して不安を持ち国の政策の在り方に対しても不満を持っているご時世だ。こんな時は豪腕で引っ張る様なエネルギーを持ってる奴じゃなくちゃ駄目なんだ。ぼんぼんってのは根が優しい奴が多いから調和を重んじて思い切った事が出来無い可能性が高い。それはもっと安定した時代なら問題無いが混迷期には絶対駄目なんだ。そこんとこも踏まえて国民は冷静に判断しなければならない筈だ。政治ってのは必ずしも政治家のみで動かしているんじゃ無く国民の声ってのも反映されるものなんだ。だから不平不満が世論の声となって政治を動かす事だって出来るんだ。何しろ1億2千700万人だからな。そう言やあ昔、田中角栄って凄く迫力の有る政治家がいたな。皆も知ってる毒舌の田中眞紀子の親父さんだ。あの人は行動力が有ったな。日本列島改造論とか日中国交正常化とかとにかく善くも悪くも大胆だった。賛否両論醸したが日本を変えたのも事実だ。もし娘の眞紀子が総理になったらリスクも高いが親父位の功績は残せるかも知れない。要は今の日本には強烈なパワーを持った人材がトップとして必要だという事だ。ホッケの煮付けなんて浮世離れした事を言ってる様な奴じゃお話にならないぞ。それをホッケに煮付けはありません。焼くしか無いんですってわざわざ役員会の席で言ってる方もどうかと思うが。俺はこの日記で良く政治の事を取り上げるがそういう時は読まないって奴は結構いるんじゃないか?面倒臭くて難しいって最初から投げたりしてないか?だがな、それはイメージの問題だとも思うんだ。爆笑問題の太田なんかが政治の話していると解り易いだろ。内容が同じでもそれが新聞なんかで政治欄なんて読むと頭痛くなってくるよな。難しい言葉ばっかり使いやがるし。でも本当はそんなに大したもんじゃないんだ。小学校の時に学級委員が先頭に立って何かを決める為に皆で話し合うのと大差ないんだ。そう思えばそれが自分達に関わる事なのに関係無いって顔すんのはどうかと思うんだ。言い方を変えれば責任放棄しているのと同じだろ?そうやって無責任な連中が多いから無責任な政治家が大手を振ってのさばるんだ。いい加減な政治家が結果なら原因はいい加減な国民に有るって事だ。これは恥ずかしい事だとは思わないか?
PR

Comment

無題

  • ぽっぽめーる
  • 2010-05-11 19:58
  • edit
正直言って頭おかしい
ほっけと大根の煮付けは美味しいですよ。
コンビニに行かない人なら知らなくってもおかしくないだろうに
ラーメンの値段で人をゴミクズみたいに言ってさぞ気分がいいのでしょうね
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]