忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

プライドの大小

毎日色んなバンドを観ていて最近よく思う事なんだがバンドにとってのプライドとは一体何なのだろう?
音楽を追求する高い志を持つ事と思っている人が断然多いとは思うんだが果たしてそれはどんな所で見極める事が出来るのだろうか?
或る二つのバンドの例を挙げて話してみよう。
Aは人間としても物凄く真面目でそれが音楽に対する姿勢という面にも現れており、常に完璧な物を求めているのがお客さんからも見て取れるタイプ。
それに対してBは自分が今出来る事を100%出す事が全てと思っている。
Aの様にパーフェクトを追求するタイプとは違い自分の持っている物を全て曝け出せれば多少粗くてもそれで良いと思っている。
さあ、この二つのバンド、どっちが人気があると思う?
キャリアとか技術面とかは略互角だと思ってくれ。
ライブハウスの仕事をしている俺なんかからしての知名度というか認識度も同じくらいだ。
結論から言うとBの方が断然人気でAのライブは殆ど閑古鳥だ。
なんでこんな話をするのかというとつい最近この2バンドが対バンとして同じ日にライブを行ったからなんだ。
そして、気が付いたんだ。
なんで同じ様に頑張っているのにAを観に来る人が殆ど居ないのかが。
そこには違った大きさのプライドが有り、それが大きな差に繋がったんだと思うんだ。
勘違いのないように一応言っておくがその差というのは音楽活動家、音楽表現者としてというのではなくあくまで第三者的評価という意味での事だ。
もっと簡単に言えばアーティスト云々よりパフォーマンスも含めた総合評価という意味だ。
Aがライブハウスでライブをしたいと思った動機は何なのか。
それは少しでも多くの人に自分達の音楽を聴いて貰いたいと思ったからだ。
そうでないならステージで演奏する必要なんか無い筈だから否定は出来ないだろう。
なのにそれを聴きたいと思う人が現れない。
こんなに頑張っていい音楽をやってる筈なのに何故誰も振り向いてくれないのか。
それはちっぽけなプライドが邪魔しているからだ。
プライドには大小があるんだ。
小さなプライドは小さな世界でしか通用しないんだよ。
それに対してBはどうだろう?
全てを曝け出すのが彼等のスタイルだ。
これは或る意味プライドを捨てたスタイルとも言える筈だ。
だがこのプライドを捨てるというのは裏を返せば大きなプライドを持っているという事にもなると思うんだ。
大きなプライドを持っている奴は小さなプライドなんか幾ら捨ててもどうとも思っていないんだよ。
逆を言えば小さなプライドを捨てて来たから大きなプライドを持てたのかもしれない。
そして、その大きさが多くの人を魅了する事に繋がるんだと思うんだ。
これが本当の意味でのプロフェッショナルとアマチュアとの大きな差なのかもしれないな。
勿論、上辺だけのプロフェッショナルなんていうのは論外であくまで本物に限られた話だけどね。
所謂プロだからいい、アマだから駄目って言ってるんじゃないんだ。
これは何処までも姿勢の問題だ。
大切な時間とお金を使って観に来てくれるお客さんの前で演奏しようってんならちっぽけなプライドは邪魔になるだけだって事を言いたいんだ。
そうでなければライブハウスへ演奏をしに来る事自体が道理に合わないって話になるんじゃないか?
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]