忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

セックス依存症?

そういえば先週だったかタイガーウッズの謝罪会見っていうのをやっていたな。
記者側の質問は無しにして自分の母親も呼んだりしての一方的な謝罪だったんだが何かちょっと不自然なものを感じたなぁ。
だって考えてみれば別に誰かを怪我させたとか殺しちゃったとか何か大きな事件を起こしちゃったとかいうのと違うだろう?
勿論夫婦喧嘩は罪じゃないし愛人を19人作る事も法律に触れるというわけじゃあないしな。
タイガーが品行方正でパーフェクトなイメージが強かったから愛人が居たとなるとマスコミの格好の餌食になりやすかっただけの話でもあるしね。
俺自身は結婚している時に愛人が欲しいなんて思った事が一度も無いので愛人を19人作る男の心境は解らない。
解りたいとも思わないしどうでもいい事だ。
捉え方次第でそれだけ男として甲斐性があるという見方もあるし社会人としてのモラルが無いとも言えるのかもしれない。
このモラル欠如の部分を槍玉に挙げる人が多いと思うがこれがアフリカなんかの一夫多妻制の国であればべつに間違った行いじゃないという事になってしまう。
だが、凄く極端な例として韓国だったらおそらく死刑なんじゃないかとも思う。
じゃあモラルって一体何だろう?
倫理か?
倫理って事は人として守ろべき道、行うべき道の事だぞ。
これが国によって違うってのはどういう事なんだ?
人の行うべき道っていうのは真理って事だ。
真理が国によって違うというのは有り得ない事の筈だ。
真理っていうのは全人類的、宇宙的な話なんだからこの答えが幾つもあるというのは理不尽という他ない筈だ。
真理に邪道は無い。
だからタイガーの謝罪会見に不自然さを感じたのかもしれない。
そして、彼はセックス依存症だと言われている。
その治療の為のリハビリも受けているという。
阿呆臭い。
何がセックス依存症だ。
そんなの只の助平って事じゃないか。
実に健康な男子ってだけの話だ。
セックスっていうのは元来依存的な部分が有るんだよ。
それはドラッグ的な強いものじゃ無いにせよ脳内で脳内麻薬が分泌されるんだから依存的感情が起こるのは当たり前の事なんだよ。
だから俺位の年齢でも毎日続けて行おうと思えば出来るんだと思うよ。
でも性欲という部分では若い時のように常に頭の中を支配しているわけじゃあないからセックスせずにいようとすれば結構無理せず長い期間でも平気だったりするんだけどね。
要するに性欲という本能的なもの以外に脳内麻薬に対する依存性も加えた物がセックスの魅力だと思うんだ。
あの快感は自由と開放を最高に感じられる時でもあるからな。
そんな素晴らしい行為に無理矢理病名付けてどうすんだよ。
そんな意味でもあの謝罪会見は偽善と打算に満ちた茶番劇でしかないと思う。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 6 7 8 10
12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]