忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

まだやんのかのりぴー関連

出た!毛髪から覚醒剤反応!
ってもういい加減にしたらどうなんだ。
後は警察に任せておきゃあいいじゃないか。
マスコミってのは本当にハイエナみたいなもんだな。
餌を見つけたら骨までしゃぶるって訳か。
もうのりぴー関連のニュースはバラエティーと同じだしスポーツ新聞は写真週刊誌と同じだ。
俺は過去に某宗教団体の集会に行った事がある。
別に信者でも何でもないし入信する積もりも丸っきりなかった。
只単にその宗教団体がどんなものなのかを実際に内部に入って見てみたかったんだ。
会場に入ると大勢の人が集まっていたんだが皆とても親切に接してくれた。
なんか凄く清々しくて良い雰囲気だと思った。
そこまでは良かった。
だが正面に置かれていた巨大モニターにこの団体の敵と目される人物の映像が映し出されると状況は一変した。
その映像に向かって怒号のような罵声が浴びせられたんだ。
俺意外の人達全員が我鳴り立てている。
さっきまであんなににこやかに色々説明してくれていた如何にも親切そうなおじさん、おばさん達が人が変わった様になっている。
流石に部外者の俺がこのヤバイ空間の中に一人ぽつんと居ると思うと冷や汗物だった。
俺はその目の敵にされた奴の事を新聞で読んで知っていたんだがそいつは元はその団体の信者だったんだ。
だが内部の諸々の悪事を週刊誌に告発して団体側と訴訟合戦になっていた時期でもあったんだ。
どっちの言っている事が真実なのかは未だはっきりしていない時だった。
あの日会場に集まっていた人達だって真実は分からなかった筈だ。
だが彼等の中には団体の潔白と告発者が悪人だという事意外は信じられないんだろう。
俺は洗脳と集団心理の恐ろしさを嫌と言うほど見せられた気がした。
そしてここは宗教団体としては二流、いや、認められないと思った。
どうして正しい生き方を学ぼうという団体が一人の人間を晒し者にして罵声を浴びせまくらなきゃいけないんだ。
それが悪人だろうと善人だろうと関係ない。
魔女狩り裁判と何も変わらないじゃないか。
と、まあ、こんな貴重な体験をした事があったのを今回ののりぴー騒動で思い出してしまった。
のりぴーが捕まったのは当然だ。
別に庇う気持ちもさらさら無い。
だけど野次馬が寄ってたかって骨の髄迄飯の種にしようとしているのは見ていて虫唾が走る。
そしてそれに乗せられて面白がっている連中の下品具合にも辟易する思いだ。
俺からすればあの信者達と何処も違わないよ。
人間の本性の中にある弱くて意地汚い部分をそんなに見せてどうすんだって言いたいよ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]