忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

進化と裏腹の退化

一気に熱くなったが俺は、熱いのが嫌いじゃないので一向に構わない。
構わないんだが、非常に苦手な事もある。
それが、エアコンなんだ。
どう考えてもエアコンって体に悪いと思うんだが、そんなの俺だけかな?
今も部屋の中は、おそらく30度以上ありそうだが、窓を全開にすれば快適とは言わないまでも問題は無い。
そんなの只の痩せ我慢だろ?
なんて声が聞こえてきそうだが、そんな奴らには、だからお前等軟弱なんだよって言い返してやろう。
う~む、なんだか年寄りの小言みたいで言ってるこっちがこっ恥ずかしくなってきたからもうやめよう。
だけど、今年は別の意味でエアコンの使用を控える人が多くなりそうだ。
幾ら節電って言っても真夏にエアコン抜きって考えられないよって思うかもしれないが、それは単なる贅沢病に侵されてるだけだ。
現に俺が子供の頃なんかエアコンがある家なんて殆ど無かったんだから。
おっと、また年寄り臭い話になっちゃったが、蒸し暑い真夏の夜に窓を全開にして風に当たりながら眠るのも悪いもんじゃないんだ。
自然の中で生きてるって感じるしね。
そういう意味での気持ち良さっていうのも大切なものだと思うし。
今回の原発事故による節電で思ったけど日常生活の中で最も電気消費量の多いものって多分エアコンだよね。
東電の言ってる供給量と消費量の数字には、何となく胡散臭いものがあると思っているのは、俺だけじゃないと思う。
だけど、もしその数値が正しいとしても本当に体の弱ってる老人とか病人以外は、エアコンを使っちゃいけないって事にしちゃえば計画停電なんか必要無いし原発自体の必要性すら無くなるわけじゃないか。
要するに我慢すれば何とでもなる事を快適にしようという贅沢と危険に晒されるのとどっちがいいんだって話だろ?
その我慢にしてもそれを楽しむ事が出来てしまえば我慢も我慢じゃなくなるわけだし。
四季があるから1年にメリハリが付くんだよ。
そして、それが人にとってもメリハリを与えるんだ。
なのに1年通して同じ様な気温だったら自然の尊さも奥行きも分からなくなっちゃうじゃないか。
自然を感じながら生きるという事は、自然の中で生きる動物と同じように人間にとっても基本なんじゃないかと俺は思うんだけどね。
何処かに必ず犠牲にしているものがあると思うし、一見進化の形のように見えても実は、裏腹に退化を導く事もあるんだという事は、認識しておくべきなんじゃないかな。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[12/03 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/25 heavensdoor]
[07/19 heavensdoor]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]