忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

男の料理2

 確か2~3週間前に男の料理の話をしたが実は俺は料理には自信がある。
何故かって飲食業を15年やってたからだ。
結局、仕事としてやってたのは洋食だが和食も家で作ったりしちゃうのだ。
一旦料理しなくなると1年間とかまるっきり作らなかったりするのだが今は料理モードに入っているので殆ど毎日作ってるんだ。
今日も料理番組なんか観ちゃったりして俺は主婦かい!
この料理モードの時は何故か金にせこくなるんだ。
外食が馬鹿馬鹿しく思えちゃうんだよ。
世の中の奥さん連中の気持ちがよく解るぜ。
このネギ安いじゃないとか買う店も少しでも安い所を探したりして。
よくバラエティー番組なんかで節約主婦の特集みたいのをやってるだろ?
1円単位で切り詰めたりしてるのを観たりするとそれっぽっちで拘っても大して変わんないだろうなんて思うじゃないか。
料理を作らない時期だとそんな額ならパチンコで一瞬で稼げるわいなんて思ったりするんだが料理モードに入っているとこれが全然違うんだ。
っていうか少しでも節約出来たりするのが満足感に繋がるから不思議だ。
今日の作品は原価150円位だけど店で食ったら800円はするだろうななんてね。
ステーキなんかは料理の腕で原価の10倍位の値段を取る自身はあるぜ。
この間も言ったけど料理が出来ると女の子にもてるぞ。
意外性が良いんだろうな。
カレーとシチューと鍋位は覚えておけって前に言ったけどここにもう一つ勝負料理的な物も有ったりすると完璧だ。
という事で今日は特別に激美味だけどそんなに難しくない料理のレシピを公開してやるから試しに1回作ってみろ。
女の子にもてる為の料理だからある程度男らしいものが良いと思うのでハンバーグなんてどうだ?
それも並の奴じゃないぞ。
大体二人分として先ず挽肉は合挽きを300グラム、玉ねぎ200グラム、卵1個、にんにく1片、あとは塩、コショウ、パン粉、ナツメグ、オールスパイス、ガーリックパウダー、レモン汁、生クリーム、ケチャップ、赤ワイン、ウスターソース、醤油、オリーブオイル、バターとこれだけ有れば大丈夫だ。
先ずフライパンにオイルをひき、玉ねぎを微塵切りにしてを狐色になる迄炒め冷ましておく。
ボールに挽肉、冷めた玉ねぎ、卵、塩小さじ1杯、コショウ小さじ3分の1、ガーリックパウダーとナツメグとオールスパイスは少々、レモン汁5滴、生クリーム、赤ワイン、ケチャップ大さじ3杯、そこにパン粉をちょうど良い硬さになるまで混ぜながら足していく。
良くこねたらこれをオイルとバターで焼くんだがオイルには事前に潰したにんにくを入れてガーリックオイルを作っておくんだ。
片面に焼き色が付いたらひっくりかえして蓋をして今度は火を少し弱めてじっくり焼く。
蓋を取って表面に肉汁が出てきたら中迄火が通った証拠だ。
ここでフランベだ。
火を全開にして赤ワインをぶちまけるんだがここは見せ場でもあるからすご~い、かっこいい~とか言わせる為にも派手にやんなきゃならない。
だが、やり過ぎると火事になるから気を付けろよ。
ワインの口に親指を当てて少しづつだが勢い良く出すのがコツだ。
炎が上がったら直ぐに皿に移して今度はソースを作る。
肉汁とアルコールを飛ばしたワインはフライパンに残したままだぞ。
ここにウスターソースと醤油とケチャップを入れて素早く掻き混ぜるんだ。
めちゃ簡単なソースだが肉汁とワインで良い味になるんだ。
ソースをかけて後は野菜なんかを盛り合わせれば出来上がりだ。
こうやって書いたのを見ると何だか色んな物が入っていて面倒くさいみたいだが作ってみれば思いの外簡単だからやってみろ。
彼女にしたい子を部屋に呼んでこれを美味く作れたら90%はやれると思え。
成功を祈る。
成功は性交を生む、なんちゃって。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[12/03 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/25 heavensdoor]
[07/19 heavensdoor]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]