忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

生き抜く力

オリンピックで審判に蹴りを入れた選手にアントニオ猪木が興味を示しているそうだ。おそらくプロレスのリングに上げる方向で動くのだろう。相変わらずの猪木流逆転の法則だ。猪木と言う人は、こういった普通考えられない様な事を実行して名を馳せて来た部分が大きい。当時プロボクシング界のスーパースターだったモハメド・アリと異種格闘技戦を行ったり、イラクの人質解放を訴え非常に危険な状況のバクダッドで音楽とプロレスの祭典を行ったり、北朝鮮でのプロレス興行も行っている。変わったところでは、タバスコを日本に輸入したのも彼だし、今では、レストランで良く見かけるスペアリブと言う料理もアントンリブと言う専門店を日本にオープンさせポピュラーなものにしたのは、猪木なのだ。彼のこういった発想や行動力は、一体どこから生まれて来るのか。それは、強い生命力からだと思う。強い生命力と言うのは、体が強いと言う意味では無い。生き抜く力が強いと言う事だ。生き抜くと言うのは、ただ生きているのとは、訳が違う。毎日1分1秒その瞬間に生き切ると言う意味だ。この力を持っている人は、覇気が有るし説得力も有るので人の上に立つ立場に至っている場合が多分に有る。それが良い悪いは、別にしても強い生命力は、身に付けたいものだ。物事全てにおいて決して諦めない事、まずそこ
からだ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 6 7 8 10
12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]