忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

煩悩即菩提

あれっ?もしかして再来週って来年じゃん!
知らなかったぜ、まったく!
てな具合に最近殆ど日にちの感覚が麻痺してしまったようだ。
それだけ毎日が充実しているって事なのかもしれないがこの忙しさは異常だ。
とにかく今欲しい物はって訊かれたら間違いなく睡眠時間って答えるしかない。
睡眠時間が少ないと絶対に困るんだよ、俺の場合は。
だって、禿げるじゃん。
禿げたら女にもてないじゃん。
女にもてないって事は男として死んだも同然だからな。
禿げ上がる前に坊主にすりゃいいけどさ。
それに麻雀打つ時間が無いのも辛いよな。
麻雀って実戦で鍛えてないと絶対に腕が落ちるからね。
相変わらず下らない事言ってんなって思うかもしれないが俺にとってはその下らない事が物凄く大切だったりするんだ。
人間って実はそんな下らない目的の為に生きているのかもしれないよ?
いい女と一発やりたいが為に毎日こつこつ仕事して、麻雀打ちたいが為にまた頑張る。
これはこれで間違っているとは言えないだろう?
だって、やる事はしっかりやってんだからさ。
いくらかっこ付けたって本音は皆そんなもんだろ?
人として最も尊い行いは他者に対して見返りを求めない無償の愛を持つ事だ。
自己犠牲の菩薩愛だな。
口で言うのは簡単だがこれを実行出来る人はほんの一握りだ。
親が子を思う気持ちも或る意味菩薩愛だと思うがそれを他人に対しても出来るのかというとそうではない場合が殆どだ。
本来、人間は誰しもこの菩薩を目指すべく生れてくるんだと思うんだ。
しかし、99%以上の人が挫折するほどの難関が待ち受けている。
それは、人間誰しもが煩悩の塊りだからだ。
煩悩っていうのは只単純に欲求って意味じゃないよ。
憎んだり羨んだり妬んだりとか固執したりとか色々な精神状態も含んでいるんだ。
凄く完結に言えば苦の元凶とも言えるんだ。
さっき、俺がいい女と一発やりたいって言ったけど一発やったらそれで全てが上手くいくってもんじゃないだろ?
そこから愛や憎しみが生れるかもしれないだろう?
愛ならいいじゃないかって?
それは、愛の表側の話だよ。
裏側は負のエネルギーに満ちているからね。
裏側が表面に出て来た時程、悲惨で醜いものは無い筈だ。
それが殺傷事件の原因になる事も多いのは昔から現代まで続いているしこれからも必ず続くよ。
じゃあ、誰もがそんな煩悩の塊りなら菩薩になんて絶対になれないじゃないかって思うだろ?
簡単に言えばそうだ。
だが、深く言えば少し違う。
仏教の言葉で煩悩即菩提というのがあるんだ。
菩提っていうのは悟りの事だ。
頭がこんがらがるかもしれないが煩悩イコール悟りであって別物ではないって意味だ。
要するに煩悩の存在を認めて受け入れる事も人そのものって事だよ。
迷いがあったらそれを無心の境地で追い払え!
じゃなくて迷いがあったら迷うのが悟りへの道なんだよ。
風のように生きる。
俺はこう解釈しているんだ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]