忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

浅田真央とキムヨナ

浅田真央とキムヨナの試合は良かったな。浅田が勝ったから良かったって言ってんじゃないぞ。あのライバル関係が良かったって思ったんだ。それも日本と韓国ってとこが尚更良かった。二人はリンクを降りれば仲の良い友人関係だって言うしさ。そこが最も嬉しい所だ。小泉がまだ総理大臣の頃の靖国参拝の時なんか酷かったもんな。小泉本人は彼のポリシーを貫いたんだから良かったのかも知れないがケツを拭くのが本人じゃなくて国民だったってとこが最悪だったと思う。俺の知り合いも丁度その頃仕事で中国に行っていてかなり嫌な想いをさせられたと聞いたし韓国に留学していた知り合いも何度も喧嘩を吹っ掛けられたそうだ。総理大臣の靖国参拝には日本国内でも賛否両論有ったんだから行動に移す前にもう少し配慮が欲しかったと思う。韓国や中国からのバッシングは内政干渉だという意見も勿論有った。小泉もそう表現はしなかったが同じ意味の事をマスコミでがんがん言ってた筈だ。あれは確かに内政干渉では有るだろう。だが俺の意見は少し違う。内政干渉なのは分っているんだが、だからって外国の意見をまるっきり論外みたいに撥ね付けるってのは違うんじゃないかと思うんだ。文句を言って来るからにはそれなりの理由が有るんだし。過去の惨劇の非は100%日本に有るんだからな。どっちの言ってる事が人間的かっていえば間違い無く韓国や中国の方だぞ。俺は靖国参拝以前の小泉には期待感を持っていたがあれ以来、ああ、この人はリーダーとして大きな欠陥が有るなと思う様になった。ブッシュとはキャッチボールなんかして嬉しそうな顔してんのにアジア諸国に対しては冷たすぎると思ったよ。都合の良い相手にはへらへらしてうるさい事言って来る奴には手の平返した様に冷酷に接する。典型的な嫌らしい日本人のスタイルだ。どうして利益優先で人に対する態度をころっと変えるんだ。この場合は人じゃなくて国だが結局同じ事だ。リーダーには愛の有る大きな器が必要だと思うんだよ。前にも同じ様な事を書いた記憶が有るがこういう事はしつこいくらいに言っておきたい。相手の身になって考えてみろってんだ。今、韓国と非常に良い関係になっていると思うがそれは一頃程では無いにしろ今でも続いている韓流ブームのお陰だ。これを切っ掛けに多くの日本人が韓国って近くて遠かった国をもっと知りたいって思う様になったからだ。そして訪ねてみれば日本よりずっと生き生きと活気の有る素晴らしい国だという事を知り、それが拡がって来て今に至っている訳でそこに政治の力や政策的な後押しなんか何にも有りゃしないんだ。国がぐちゃぐちゃにした関係を民間ベースで修復してる事になるんだぞ。そのくらいこの国の対外政策はなってないんだ。そして今回、浅田真央とキムヨナに勝負を超えた感動を与えて貰った。韓国の人達もこのライバルであり友人でもある二人の関係を本当に喜んでいる様だ。おそらくそこに両国の理想の関係もこう有るべきと思ったんだろう。二人が肩を組んで嬉しそうにしている写真を見て日本の政治家も少しは考えたらどうなんだ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 6 7 8 10
12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]