忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

成人の日

昨日は、成人の日だったけどこれを読んでくれている人の中でも新成人になった人がいるんだろうな。
俺は、通勤で区のホールの側を通るんだが、昨日は振袖のお嬢さんが沢山いたよ。
今は、あまりいい時代とは思えないけど皆いい表情をしていたな。
そのいい表情をずっと持ち続けていられたらいいんだけどな。
俺は、成人式に参加しなかったからよく分からないけどあれに参加するとやっぱり特別な気持ちになるのかな?
もう、大人なんだ、いつまでも親に面倒みてもらうわけにはいかないなとか。
だけど、幾つになっても親に甘えっぱなしの奴っているだろ?
そんな君に言っておきたい事がある。
取り敢えず家を出ろ。
仕事が未だ決まってないとか未だ学生だからとか弁解の理由も色々あるだろう。
だけど、それでも敢て出ろ。
金が無かったら自分で稼げ。
自分には、社会に出たらやりたい仕事があって、今は未だその準備段階だからって言うんだろ?
そんな事は、分かってるよ。
分かってて言ってるんだよ、俺は。
だったらバイトして自分の事は、自分でケツ拭いてでも目指せばいいだけの事じゃないか。
そこで少しでも楽な方を選ぼうとするって事は、歳は確かに二十歳かもしれないが、中身は子供のままだって認めてるのと同じだ。
最近の若い親って子供を自分の所有物と勘違いしてる阿呆も多いからな。
親は、子供を少しでも早く自立させる、子供は、少しでも早く自立を目指す。
これが理想の親子の姿ってもんだ。
それが、実際の所、子離れ出来ない親と親離れ出来ない子供が大半だから甘ったれたへなちょこばかりになっちゃったんだよ。
一人暮らしを始めるとその時になって初めて理解出来るものというのもある。
親の苦労なんかもそうだ。
親への本当の感謝の気持ちは、親元を離れなくちゃ分からない部分が多いからね。
俺は、子供の時は相当なやりたい放題だったと思う。
でも、親に対する愛情は勿論あった積りだ。
だけど、それをちゃんと説明してみろって言われても適当な言葉しか出てこなかったと思う。
それは正直な所、親から色々してもらって当たり前って思っていたからだよ。
だけど、一人暮らしを始めると親の愛情に気付く事が一杯なんだ。
親に対する本当の意味での有り難い気持ちってさっきも言ったけど家を出なきゃなかなか分からないものなんだよ。
こういう親への感謝の気持ちをしっかり持つっていうのも成人の条件だからな。
それから、大人と認められると掛け替えの無いものも得る事が出来る。
それは、何だと思う?
自由だよ。
子供には与えられない自由を大人は手にする事が出来るんだ。
その代わり自分の全ての行動にたいして責任も掛かってくるという注釈付きだけどね。
責任だけは、親に被せておいて俺は二十歳になったから自由だとは世の中が言わせてくれないんだよ。
まぁ、何はともあれおめでとう。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[12/03 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/25 heavensdoor]
[07/19 heavensdoor]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]