忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

恋愛の醍醐味2

恋愛の醍醐味は、ドキドキ感だ。
って話をしたわけだけど、この不思議な感情は、恋愛の回数を幾ら重ねたとしても変わるものじゃない。
それは、やっぱり恋愛が人間にとってそれだけ重要なものなんだっていう証なのかもしれない。
そして、その心理を例えて言えば、裁判で無罪か有罪かを宣告される被告の心境に近いものがあるような気もする。
ドキドキするって事は、一種の緊張感でもあると思うんだ。
緊張するのは、その前に重大な何かが待ち構えているからだよね?
じゃあ、その重大な何かって何だろう?
俺は、君の事が世界中の誰よりも好きだ。
そんな全身全霊を込めた言葉に対する反応だよね、きっと。
恋愛においては、いたる所にドキドキがあるわけだが、その最高潮の波は、初っ端に襲ってくるから厄介だ。
あたしもあなたの事が一番好き。
だったら勿論最高だ。
そのまま天にも昇って死んじゃってもいいって感じだよね。
ごめんなさい、あたし他に好きな人がいるの。
目の前が真っ暗になって生きてる心地もしないよな。
あなたは、良い人だと思うけど彼氏って感じじゃないの、お友達でいましょ。
なんて中途半端な答えも死刑宣告と同じだよね。
最高か最悪。
やっぱり無罪か有罪かって感じだろ?
どう考えても答えは、このどちらかしか無いって事だ。
確率からいけば半々かというとそうじゃない。
相手にも色々な事情があるし、もし彼氏が欲しいと思っていたとしても周りにはそんな対象が何人もいるんだからね。
そんな中から自分が選ばれるかどうか。
これは、やっぱりドキドキするよ。
期待と不安の入り混じったこのドキドキだけど、誰だって不安の方は、出来る限り少なくしたいと思うのが普通だ。
方法が無いわけじゃない。
所謂恋のテクニックという奴だ。
これは、難しいようで実は簡単な事だと俺は思っている。
自分を在りのままに全て曝け出す事だよ。
全てという事は、弱点も晒す事になるから一見不利に思えるかもしれない。
でもね、恋愛で先ず最初に相手に求めるものって信頼なんだよ。
これが無きゃ何も始まらないし、もし始まったように思えたとしてもそんなものは、薄っぺらなまやかしみたいなものだよ。
かっこつける事が恋愛の近道だって誤解しやすいけど、実は、最も遠回りなんだと思っておいた方がいいぞ。
真正面からお互いを受け止めあう事が出来ないんなら、それは、本当の恋愛とは言えないと思う。
俺は、こういう所が駄目なんだ。
いいよ、そんな時は、あたしが助けてあげるから。
いいだろ?こういうのって。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[12/03 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/25 heavensdoor]
[07/19 heavensdoor]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]