忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

八百長相撲

いずれこうなるんじゃないかと危惧していた人も多いかと思うがまたもや相撲界に激震が走っている。
疑惑の内は、何とか誤魔化してきたけど今度ばかりは、本当にヤバいかもしれない。
何しろメールで証拠が残っちゃってるんだもんな。
八百長をやりましたってはっきり証言した力士も数人出てきたし。
相撲協会の資金源は直接税金ってわけじゃないけど税制上の優遇処置が取られているんだから結局俺達の税金が還付されているのと同じだろ?
だったら単なる野次馬ってわけにもいかないよな。
だけどさ、やっぱり無理なんじゃないの?復興させるのって。
だって、真剣勝負って謳っていたのに八百長だもんな。
プロレスを真剣勝負と思っているのは子供だけだけど、あれは勝負の結果に至るまでの過程の段階で凄みを観せて八百長云々を超越した所まで引き付ける事が出来るから成り立っているんだよ。
だから、相撲とは根本的に別物なんだ。
それに比べて相撲界は、完全にファンを裏切った事になる。
協会ぐるみで大嘘をついていたと言われても仕方が無いと思う。
普通に考えれば解体が当然なんじゃないか?
それに、神事とも言える儀式的な部分も多分に含まれていた国の文化でもあるんだから、そこに八百長なんて事実があったのなら国民全てに恥を掻かした事にもなるんだからね。
ここまで来たらけじめを付ける意味も込めて、いっその事民間の格闘団体にしちゃった方がいいんじゃないの?
別にガチじゃなくても問題ないと思うよ。
スモーレスラーズって団体名でも付けてプロレス団体と対抗戦でもやったら東京ドームでも簡単にソールドアウトするよ。
テレビ中継もゴールデンタイムで30%は楽にいっちゃうんじゃないの?
そんな事になったらいくらでもスポンサーも付くだろうし。
これは、今の段階では、冗談に過ぎないけどそれくらいしか生き残る道は無いんじゃないかな?
嘘に嘘を積み重ねていってもいずれは必ずボロが出て破滅に導くっていう事のいい例なのかもしれないね。
俺の死んだじいちゃんは、酒と釣りと相撲が大好きだったんだ。
もし、生きている内にこんな事を知ったら物凄くショックだったと思うんだ。
ついこの間もこの事件に関するニュースの中で、相撲だけが楽しみだったのにっていう老人ホームの年寄りが悲しそうな顔をしている映像が流されていたよ。
相撲好きの年寄りは、とても多いからね。
中途半端な責任の取り方じゃ国民は認めないよ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]