忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

何とかおやじ

何とかおやじという言葉があるだろう?
クソおやじとかハゲおやじとかさ。
俺も多分年齢的にはその何とかおやじと言われる世代にいつの間にかなっているんだと思う。
そうすると俺は何おやじなんだろう?
ダメおやじでは恐らく無い様な気がする。
やっぱり一番可能性が高いのはエロおやじかなぁ?
エロおやじとそうじゃないおやじの違いは何なんだろうと考えるとやっぱり目付きなんじゃないかと思うんだ。
俺は仕事柄係わる女性は全て若いがエロの対象として見た事は殆どと言って良い程無い。
そういう所は結構ちゃんとしている積もりだ。
だが最近、もしかして今助平な表情になっているかもと思う事がよくあるんだ。
それは普通に街中を歩いている時なんだ。
以前にも増して歩いている女の子達を観察している様な気がするんだ。
前から自転車に乗って来る子なんかがいたら絶対パンツが見えないかなんて期待していたりするし。
見えた時はやったーって感じでその後3時間は幸福感に満たされていられるのは俺だけじゃないとは思うが。
べつにミニスカートじゃなくても短パンってのもなかなか良いもんだ。
視線は当然太腿に集中するのは当たり前だ。
ぽっちゃり、むっちりしてたりすると相当ヤバイ表情になっているかもしれない。
エロおやじを通り越して変態おやじと言われても甘んじて受け入れるしかないかもしれない。
何とかおやじっていうのはやっぱり蔑視の気持ちが少なくとも入っていると思うんだけどそれは何でなんだろう?
何とかおやじ達が頑張って来たから今の若い世代がまったりしていられるってのに。
そう考えるとおやじってのは或る意味ボロ雑巾みたいなもんだ。
新しい時はせっせと働いて使い古してもう自分自身に汚れが染み付いて取れなくなった上に綻びもいっぱい出来てズタボロになってさ。
それで褒められるんならまだ良いが加齢臭が臭いとか目付きがいやらしいとかハゲとか言われたんじゃあ可哀想過ぎじゃないか。
俺もそんな事を言われる歳になったから言う訳じゃないがもうちょっと尊敬の念を持っておやじ達に接しても良いように思うんだが。
そうしてくれると若い子達のむっちり太腿を舐める様に見つめているのもおやじの特権って事でエロおやじ扱いされなくて済むんだがな。
う~む、今日の話は実にくだらねえな。
書いてて馬鹿馬鹿しくなって来たぜ。
人がどう言おうと本当はどうでもいいくせに屁理屈を並べちまったぜ。
俺は只単にパンツと太腿が見たいだけなんだよ。
何とでも言いやがれ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 6 7 8 10
12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]