忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

今年一番目立った奴

今年もあと1週間を切っちまったな。今年1年を漢字1文字で表すって奴をまたやってたが確か変って字だったよな。まあ、解らんでもないが実際は壊の方があってんじゃないかな。これだとお先真っ暗で救い様がないからもう少し甘くして変に落ち着いたってとこか。じゃあ、今年1番活躍した人と言えば誰かな?エドはるみかな?あとは石川遼に北島康介、ソフトボールの上野、ボクシングの内藤に相撲なら白鵬、野球ならダルビッシュか?エドはるみ以外の芸能人だと誰だろう?お笑いなら一杯いるけどそれ以外だと飛び抜けてたのは騒がせたって意味で奏葉くらいしか思い当たんないな。政治家だとやっぱり福田&麻生の駄目駄目コンビに尽きるな。これは活躍とは言わないけど。悪い意味で目立った奴の方が今年は断然多かった様な気がするがその中でも一番は例の秋葉原で滅茶苦茶した加藤智大って奴だろう。こうやって名前を出したりされるのが奴の本当の目的だったんだろうからちょっとしゃくではあるが正に時代を象徴する様な狂った時代の落とし子的な存在として彼奴の名は或る意味歴史に残るんじゃないかと思う。だけど本当に殺人事件のニュースがこんなに毎日耳に入って来るとああ又か、なんて思えて来て実際は大変な事なのに何にも感じなくなって来ちまう事が恐ろしいよ。しかし、あの加藤って犯人は最低最悪の屑の様な奴とは思うけどああいうのが出来上がっちまう温床は今の時代には充分過ぎる位有る訳でそれを知ってか知らずか放ったらかしているこの日本って国はどう見たっておかしいぞ。人間には誰しも心が有る。心には誰だって良心ってのが有るんだ。それが無い奴なんていやしないんだ。加藤だって例外じゃない筈だ。良心ってのは自分自身でというのは勿論だが周りの環境からも影響されて心の成長と共に育って行くもんだ。だが周りにそんな環境が無いとしたらどうなる?良心は発育不全になって子供のままって事にもなるんじゃないか?心のパワーの無い奴なら全然育たないって事になると思うんだ。そして加藤みたいな奴が大量発生するっていう結果が生まれる筈だ。だから今はああいう事件の予備軍的存在がうじゃうじゃいると断定して良いと思う。何故そこに誰もメスを入れようとしないんだ。これは変えようと思えば間違い無く出来る。先ず、ガキには色んな面で規制を掛けるんだ。俺は規制なんて言葉は大嫌いだが現状は切羽詰まっている。日本を気違いだらけの国にしたくなければ止む無しだ。携帯電話、ゲームは禁止。暴力的、破壊的な漫画や映像も禁止。隣近所、町ぐるみのコミュニケーションの場を頻繁に設けガキは強制参加。この強制って言葉も大嫌いだが心がおかしくなりかかってるガキ共を救うにはこの位やんなきゃ駄目だ。ガキが伸び伸び遊べる公園なんかを充実させ親も塾より外で遊ぶ事を推進させる努力をする。学力最優先的な学校方針を根本的に破壊して心の成長を最優先課題にする。企業なんかもこの分野で優秀な人間を第一雇用条件にするよう国が働き掛ける。この姿勢が浸透する迄は報奨金制度も設けるし罰則も設ける。策はまだまだ有るが要はガキの時から豊かな心を育める環境をある程度確立出来る迄は強制的にこの位はやらないと状況は変わらないと思うんだ。今、あげた事なんかは俺がガキの頃には当たり前の事として誰もが自然に行っていた事が殆どだ。そこに意識してとか努力してなんて言葉は必要無かった。だが今はこんな事を行うにしても意識して努力しなけりゃ駄目だろうし理解も出来無い馬鹿親も多い事だろう。だから規制と強制も必要になってくると思うんだ。厄介なのがこんな発育不全の心のまま既に大人の年齢に達している連中に対してなんだがそういう奴等の為に国が莫大な費用を費やしてもカウンセリング体制を充実させるしかないかもしれないな。今年の10大ニュースはって殺人事件ばっかり並んだらやばいだろ?もうそうなりかかってんだぞ。皆もう少し自分って何の為に生まれて来たのか、幸せの本当の意味って何なのかを考えた方が良いよ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]