忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

ギャンブルと勝負勘

相撲界が相当ヤバい状況になってきたな。
大関の琴光喜が野球賭博をやっていたのがばれて名古屋場所を休場する事が決まったけどこのままだと芋づる式に何人も同じ容疑の力士が出て来るのはもう明らかだもんな。
そいつらを全部休場にしちゃったらどっちらけだし黙って出場させるってのも何かちょっとおかしいだろ?
となると名古屋場所自体が中止って可能性も相当高いような気がするが。
だけど、相撲ってやっぱり勝負だろ?
だったらその勝負師の力士が賭け事に没頭したがるのは当然の事だと思うけどな。
それにギャンブルで勝負勘を磨くって結構大切な事のように思うんだ。
勝負事って必ず何処かにあやっていうものが有るんだよ。
目には見えないけどおそらく色んな力学みたいな物が重なって出来る重要なポイントみたいな物だと思うけど。
こういうのって勝負事に長けていると自然と分かるというか感じるものなんだ。
俺が毎日やってるブッキングって仕事はギャンブルとまでは言わないがそれでもやっぱり似通った部分が有るのは否定出来ないと思うんだ。
例えば1日5バンドが出演するとしてもそこには色んな力が折り重なるように入り乱れているわけだよ。
バンド側の思惑とかお客さん側の思惑もあるし当然店側もあるわけだ。
そして、そんな色々な気持ちを出来る限り満足させて1日を成り立たせなければならないんだ。
勿論、上手く行く時もあれば逆もある。
全てをいい結果に導く為に毎日諸々考えるわけだがここでやっぱり勝負勘みたいなものが大きく作用する事になるんだ。
頭で考えるだけじゃ駄目なんだよ。
言葉で説明するのは非常に難しいけど簡単に言えば勝負の流れを汲み取ってポイントをひょいってすくい上げるみたいな感じかな。
相撲だって稽古を積んで体を鍛えて技を磨くだけじゃないと思うんだ。
やっぱり勝負勘もしっかり磨いとかないと本当に強い力士にはなれないような気がするんだよ。
それから話はちょっと脱線するけど俺はギャンブルをやらない男とはあまり仲良くなれないかもしれない。
堅実な所はいいと思うけど面白みに欠けるんだよね、やっぱり。
そういう事を言うと金が無いから出来ないなんて言う奴が必ず居るんだけどそれは全くギャンブルってものを分かっていない証拠だ。
金が無きゃ借金しても勝って利子付けて返せば済むんだよ。
おっと、こんな事言うと無責任だって誰かに怒られそうだけど毎回そうしろなんて言っているんじゃないんだ。
いつもこんな事をしていたらそれは単なる阿呆だよ。
そうじゃなくて、こういう切羽詰った状況で勝負する者の心境を味わう事も偶にはいいんじゃないかって話だよ。
業種にもよるけど仕事で役立つ事も多いし人生の大事な選択をしなきゃいけない時にも必ず役立つと思うよ。
女の子を口説く時だって同じだよ。
ここって時に一気にいけなきゃ何も進展しないだろ?
その、ここって所を見極めるのが勝負勘でもあるわけだよ。
だから皆も頭ごなしにギャンブルは良くないなんて思うのはちょっとどうかと思うよ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[12/03 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/25 heavensdoor]
[07/19 heavensdoor]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]