忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

はったり人生

豪腕投手の伊良部秀輝がアメリカで死んだそうだ。
警察の発表では、首を吊った状態で発見されたらしい。
まだ42歳だったのに。
自殺か他殺かは置いておいて、なんか彼らしいな、という気持ちもしないでもない。
まさに太く短くだな。
最近は、野球選手に限らず如何にも男らしいというか、豪快な奴が少なくなったと感じていたが、彼の死でそんなのが流行ったのは過去の話と益々思えてしまう。
男としてああいうタイプに魅力を感じてしまう俺ももう過去の人って事なのかもしれない。
・・・なんて思うわけねぇだろ!
男は強くなきゃいかん!
いや、強く見せなきゃいかん!
実際は、小心でも構わん!
はったりでも何でもいいから取り敢えず突っ張っとけ!
はったりっていうのは、言葉や態度で俺は凄いんだって大風呂敷広げて相手を威圧する事だが、そんな意味合いからするとあまり良い行いとは受け取れない。
そして、こういうはったりの多い奴程中身は虫けらのように小さいというのも事実だ。
自分自身の器が、小さいからそれを悟られまいとして大きく見せようとする。
小心者の常套手段だ。
しかし、はったりも100回かませばその内の1割位は、現実になってしまうものなんだよ。
自慢じゃないが、俺の人生は、はったりで成り立っていると言っても過言ではない。
前にも話したが、俺は16歳で家を飛び出した。
16歳といえば最も飯を食う時期だ。
金は、一銭も無い。
取り敢えず飯が食える仕事場を探す事になった。
所謂賄い付きって奴だ。
となると、手っ取り早いのは飲食店だ。
面接でいきなりかましてやったぜ。
歳は?
二十歳です。
経験は?
実際に働いた事は、無いんですけど昔から飲食店で働く事が夢でした。
詐欺とも言えるが、面接さえ受かれば飯は食える。
いつかバレるだろうが、その前にしっかり働いて実力で認めてもらえば何とかなる。
ずるいと思うかもしれないが、俺は、間違っているとは今も思っていない。
結果オーライって奴だ。
10のはったりに1の実績。
大切なのは、1の実績を残せたのは、10のはったりがあったからって部分だよ。
あんな事言っちゃったから頑張るしかないみたいにね。
はったりがエネルギーって事になると聞こえは悪いが、男の人生ってそれでもいいんじゃないかと思うんだ。
俺のちんちんは、20センチだって言って実際は13センチだったとしても満足させる事が出来れば女も文句は言わないだろう?
7センチ分を情熱とテクニックでカバー出来れば何の遜色も無い筈だ。
ごめんね、嘘言って。
君への愛情を足して20センチって意味だったんだ。
ううん・・・とっても・・・大きかったよ・・・。
なんて言わせてみろ!
多少強引な例えだったが、男ならこのくらいのはったりかませるくらいじゃなきゃ成長しないぞ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]