忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

どんくさい奴等

最近ニュース番組を観ているとどうも気になって仕様が無い事がある。
一つのニュースを紹介する時に最初に結果の部分を主語なしでショッキングに聞こえる様に切り出すんだ。
例えば飛行機が墜落して100人が消息不明だとする。
そうすると初っ端で100人が消息不明ですって言うんだ。
そう言われると何の事だろうと少なからず思うよな。
そうやって興味を引かしてから何処何処で飛行機が墜落して100人が消息不明ですってなるんだがこれはどうかと思うぞ。
このやり方は販売促進の為の広告で使う手口だからな。
大根が3割引!って出すより3割引!大根大安売り!って方が売れるんだよ。
やっているのは殆ど民放だけだけどニュースを広告と同じ扱いにしていると思われても仕方ないよ、これじゃあ。
結局ニュースの内容なんかどうでも良くて視聴率が上がれば何でも良いんだという姿勢が丸見えなんだよ。
まあ、同じ内容のニュースを観るんだったらこのやり方の方が確かにメリハリがあって面白くなるかもしれないがニュースはバラエティーじゃないんだからな。
それが1局だったらまだしょうがねえなあで済むが差を付けられたんじゃあたまらんと思ったのか民放全部がこの手法を取り入れたもんだからそれが鼻に付いて仕方がない。
なんで日本人はいつもこうなんだよ。
あっちがそう来るならこっちは別のやり方で個性を出そうって何で思わないんだろう。
それもニュースの本道を外れたやり方なのは分かっている筈なのに。
他にも結論の所をシールみたいので隠してベリッと剥がしてショッキングに見せるやり方もそうだ。
あれはおそらくみのもんたが昼にやっていたおもいっきりテレビが最初だと思うが今じゃあ情報バラエティー番組の殆どがあの手法を取り入れているだろう?
全く阿呆としか思えないよ。
恥ずかしいとは思わないのかよ。
他所がそれで受けたからってまるっきり同じ事しなくてもいいじゃないか。
脳味噌入ってないのか?
こういう所にも日本人のセンスの無さというか文化レベルの低さがうかがわれるってもんなんだぞ。
右へ倣えで皆と同じ事をしていれば確かに安全でそれ相応のものは得られるかもしれない。
だけど新しいスタイルにチャレンジして得られる感動や誇りは絶対にそこには存在しない。
テレビ番組を作るにはアーティスティックと迄は行かなくてもクリエイティブな感覚が必要不可欠な筈だ。
そのクリエイティブっていうのは目に見える部分だけだと思ったら大間違いなんだよ。
目に見えない部分が実は視聴者からすれば一番良く見えるものなんだ。
俺も過去に何度かテレビ絡みの仕事をした事が有るが本当に腐ったゴミみたいな連中が多過ぎる。
クリエイティブな感覚の欠片も無いのに自分はクリエイターだと勘違いしているダサくて気持ち悪い連中が半数以上だと思ってて間違い無い。
感性を磨く事なんか銭勘定に比べたらどうでも良い事なんだろう。
スポンサーを重視し過ぎる体制に問題があるからこんなのが当たり前になってるんだろうがこんなやり方をいつ迄続けるんだろう?
内向的な国民性の日本人にとってテレビは生活の一部と言っても過言ではない筈だ。
そのテレビの内容が及ぼす国民への影響力をそれぞれの局のトップはもう少し考えて貰いたい。
金は確かに無いより有った方が良いが文化に影響を齎す立場の連中はその内容より金が先行しちゃ駄目なんだよ。
自分の懐を温める事より視聴者の心に豊かさを与える事の方がどれだけ素晴らしい行いなのか少しでも気が付いて欲しいもんだ。
全くどんくさい奴等だぜ。
PR

Comment

無題

  • おぐしん
  • URL
  • 2009-07-07 01:24
  • edit
The love of money is the root of all evil!
堀さんが作る、ムービーで、日本の流れをCHANGE!
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]