忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

恋愛相談

今日は俺の友人であるT君の話をしよう。
歳は俺よりふた周り位下だと思ってくれ。
彼は今或る女性と同棲している。
俺も二回ほど会った事はあるが明るい感じの細かい所にも気が付くようなとても感じの良い人だ。
だが、その時ふと感じたのは彼との相性に対する不安だ。
本当にこれでいいのかな?という俺流の勘が働いてしまったんだ。
あれから何ヶ月経っただろうか。
数日前に彼から電話が掛かってきた。
彼女と別れたいと思っているんだがなかなか切り出せないという相談だった。
あ~、やっぱりな、という感じだ。
だけど、恋愛に関する相談はよく受けるがこういうのは俺に訊かれても困るだけだ。
深い部分の二人の関係は本人同士にしか分からないし踏み込む事も出来ないもんな。
20~30年前の言い回しだとこういうのはフィーリングが合わなかったと言うんだろうがこの二人に関して言えばまさにそのままのような気がする。
元々他人同士なんだから何から何までドンピシャなんて事は有り得ないのが恋愛だ。
でも他人から見てもこの二人は無理だろうって思っちゃうってのはやっぱり駄目になる可能性も相当高いような気がするな。
じゃあ、何で同棲しちゃったのかって事だよな?
此処から先は俺の想像の範疇だから実際は全然違うのかもしれない。
例えばセックスの相性が良かったとかそういうのは分かんないもんな。
俺も彼を友人として信頼しているしどういう人間かっていうのもある程度分かっている積りで言うんだが彼は物凄く優しい奴なんだ。
自分より常に相手の立場を優先しちゃったりする性格なんだ。
だから、おそらく同棲したのは彼女の方から望んだんじゃないかと思うんだ。
自分の気持ちを確かめるなんて事は二の次で相手がそうしたいのならそうしようみたいな感じだったんじゃないかと想像出来るんだ。
良く言えば優し過ぎるという風になるが悪く言えば完全に優柔不断だ。
その上、軽率で無責任だよな。
そして、何ヶ月かの間にだんだん自分の気持ちが見えて来てどうにもこうにも苦しくなって救いを求めてきたような気がするんだ。
友人のそんな悩みをブログに書いたりしていいの?と思うかもしれないがそこはちゃんと本人の了承も取ってあるから大丈夫だ。
本人も自分の行動を反面教師にして欲しいみたいな思いがあるらしいんだ。
結果的に俺が彼に言ったのは自分がそうしたいのならそうするしか無いんじゃないのって事だ。
何故なら恋愛って最終的には自分より相手を大切にする事だとは思うけどそこに誰よりも好きで誰よりも愛してるって感情が含まれていなければ成り立たないものだろう?
そこが抜けていて相手の気持ちがどうのこうのっていうのは単なる偽善だし相手に対しても失礼だと思うんだ。
でも、色々あって良いと思うよ。
恋愛の苦しみを知らなきゃ人生を知らないのと同じだからね。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 6 7 8 10
12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]