忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

地味な日本シリーズ

プロ野球の日本シリーズが行われている。巨人、西武の対戦な訳だがはっきり言って非常に地味だ。というか昔は日本シリーズといえば日本中が大騒ぎだったのに寂しい限りだ。今では完全にその人気をサッカーに奪われてしまった恰好だが昔はスポーツといえばもう野球がダントツ人気でサッカーなんか見る人は殆どいなかったに等しい。野球好きの俺としては何とか人気を盛り返して欲しいものだが昨日の日本シリーズを観てたりするとこれじゃあ駄目だと思ったりしてしまった。はっきりいって選手一人一人のインパクトが弱いのだ。キャラ立っていないのだ。例外は巨人の小笠原とラミレス位のもんだ。西武の選手が特に酷い。あまりに無個性で印象に残る選手が殆どいない。強いて言えば渡辺監督のはげ頭位のもんだろう。西武の4番なんかまるっきり覇気の無いただのデブ意外の何者でもない。デブで思い出したがコーチのデーブ大久保は目立っていたな。だが選手よりコーチの方が目立ってるんじゃ仕様がないな。どの選手も勿論頑張ってはいるのだがその頑張りの見せ方が下手なんだと思う。過去の野球界のスーパースターと言えば王、長島が際立っているが王さんの事は以前この日記にも書いたので今日は長島さんの事を少しふれてみよう。あの人は確かに実績も有るのだが王さんに比べたら劣るのに何故ミスタープロ野球と言われていたかというと見せ方が群を抜いて上手かったのだ。空振りをする時でもヘルメットが豪快に飛ぶ様な振り方をするしゴロのさばき方も非常に華麗に見える様にする訳だ。プロなんだからお金を払っている人達に素晴らしいものを観せなきゃいけないという意識が徹底していたのだ。こういう部分が今の選手達には大きく欠けているから地味に見えてしまうんだと思う。それから長島という人が愛され続けた原因の一つにおおらかな性格がその表情や発言から滲み出ていたという部分も有ると思う。おおらか過ぎてかなり脱線した部分も有るのだがそれを決して憎めない天然の好感度の持ち主でもあったのだ。そんな彼のエピソードを幾つか紹介しよう。レストランで鶏肉を頼む時にアイムチキンと頼む。ホテルに泊まる時に職業欄に長島茂雄と書く。大学の学部を訊かれると立教の野球部と答える。野球解説の時にう〜ん、この試合は1点でも多く取った方が勝ちでしょう等と平然と言う。アメリカでマクドナルドを見てアメリカにも進出してるんだと驚く。アメリカでこっちは外車ばかりで凄いなと驚く。奥さんと未だ交際中の時に追いかけ回す記者に向かっていい加減にしてよ、僕にだってデモクラシーは有るんだ!と真剣に言う。飲酒運転で捕まった芸能人に対して大丈夫?死刑にならない?と心配気に声をかける。試合の時に息子を野球場に連れて行くがそのまま一人で帰宅してしまう。どうだ凄いだろ。流石は長島さんだ。器が違うだろ。こんな人が又現れてくれたらプロ野球の復興も夢では無いのだが。男子ゴルフが 石川遼の加入で一気に盛り返して来たし、ボクシングも亀田以降人気を取り戻して来た様にやはりプロの世界には抜群にキャラ立った人間が必要不可欠と言う事なのだ。お客さんは貴重なお金と時間を使って観に来てくれる有り難い存在なのだ。だからプロと名の付く限りは最低でもそれに見合ったものを提供しなければもう観に来ては貰えなくなる。ただプレイに専念するだけでは通用しないのだ。そこがプロフェッショナルとアマチュアの大きな違いでもある訳だ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]