忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

個と集団の会話

最近は異常気象のせいなのか梅雨といってもそんなに雨が続いたりしないように思う。
なんて天気の話から始まるようじゃあ爺の仲間入りしたみたいで嫌だな。
あれ?そういやあ未だ東京は梅雨入りしてなかったな。
梅雨入りしてようがしてまいがそんな事はどうでもいい話だが今日みたいに降るんだか降らないんだか微妙な日っていうのは好きじゃない。
こういうのって何か優柔不断みたいな感じがするだろう?
序に言っとくが俺は人でも優柔不断な奴っていうのは好きじゃない。
イエスかノーか白か黒かはっきりしない奴って人間的魅力にも欠けているように思えてしまうんだ。
そういうのって結局、偽善から来るものだろう?
イエスと言ったらあの人に嫌われるかもとかノーと言ったら孤立しちゃうかもみたいなさ。
自分が可愛いのは分かるよ。
だけど甘やかし過ぎなんだよ、自分自身を。
傷付きたく無いって気持ちは誰でも持っているものだけどそこを乗り越えなきゃいつまで経っても弱虫のままなんだぞ。
はっきり言っとくがこういう奴はろくな人生送れないと思ってた方がいいぞ。
その上、間違いなく女にはもてないぞ。
就職したって絶対に出世なんか出来ないから諦めろ。
何故ってそんなの答えは簡単だよ。
人としての光る魅力が無いからだよ。
女の子なんてそういう所に敏感だから付き合ってもそんな所が見えたらなぁんだつまらない男って直ぐに三行半下すよ。
上司だって厳しい中を闘って役職になったんだから奇麗事しか言えない奴なんて信用しないよ。
使い走りに使われるのがいいとこだ。
一昔前にノーと言えない日本人ってのが流行語になった事があるけど月日が経っても何も変わっちゃいない。
自立している人間は個と個で語り合うからノーと言っても単なるノーだ。
でも自立出来ていない人間は一人じゃ何も出来ないから集団になろうとする。
そうすると相手が個であっても個と集団という会話になってしまう。
だから簡単なノーが言えない。
一見、周りに対しての思いやりや責任感が有るようにも取られやすい。
これを調和を重んじる日本人の美意識と言えば聞こえはいい。
だけど、裏を返せば自立も出来ていない半端者の奇麗事って事にもなるんじゃないか?
しかし、ここは日本だ。
おそらく俺のような考えを持つ者は少数派、悪く言えば捻くれ者扱いだ。
実際、ガキの頃から変わり者扱いされて来たからな。
全然O.Kだ。
世の中を変えて行くのはいつの時代も少数派だ。
ファッキュー!糞食らえ!だよ。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 6 7 8 10
12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]