忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

ろくでなしのバンドマン

この仕事をする上でバンドマンとの付き合いが多くなるのは当然だが皆の想像通り彼等のいい加減さには尽く困らされる事が多い。
何がと言えば約束を守ってくれないって事だ。
いついつ迄に必ず連絡をくれると言っておきながらそれを守る奴は半分以下だ。
真っ当な世の中では絶対に有り得ない事なんだがこれが彼等からすると常識とまでは言わないまでも普通だったりするから困ったもんだ。
はっきり言ってろくでなしもいいとこだ。
少しはケツ拭き役のこっちの立場も考えて欲しいもんだ。
糞っ垂れでも言い過ぎじゃないよ。
だけど、そんなろくでなしの糞っ垂れに限ってステージに上がるとかっこいいから始末が悪い。
ブッキングをする側からすると出演して欲しいのはかっこいい奴だ。
かっこいいっていうのは勿論見た目が美形って意味じゃないぞ。
光ってるって事だ。
これが最も重要視する所だ。
ポイントは決して約束をきちっと守る奴だったり性格がいい奴ってわけではない。
勿論、こっちの立場からするとその方が楽なのは当たり前だがかっこ良くて人間も出来てるなんて奴はそうそう居ないもんなんだ。
だからかっこいい奴を出来る限り集めようとすると糞っ垂れだらけになっちゃうってわけだ。
こんな仕事を20年もやっているとそれが当たり前という風にもう染み付いているから恐ろしい。
だが、よ~く考えてみると俺自身も世の中からすると相当いい加減なのかもしれない。
世の中の常識と言われるような事でも自分が納得出来なければ平気で無視するし放ったらかすしな。
やっぱり類は友を呼ぶっていうのは本当かもしれないな。
だけど、そんな彼等の事を俺は腹の底からろくでなしの糞っ垂れと思っているわけではない。
本当は物凄くピュアな連中だと思っている。
只、少し不器用なだけだ。
そして、その不器用さがあるから魅力的なんだと思うんだ。
何でも思い通りにすいすいこなせる奴がステージに立ってもおそらく何にも面白くないと思うよ。
俺が今、とても気に掛けているミュージシャンが或る事でとても苦しんでいる。
心を揺さぶる歌を聴かせてくれるヴォーカリストだ。
勿論、不器用でろくでなしの糞っ垂れだ。
放っておけばいいのかもしれないが連絡が取れない状況なのがとても心配だ。
おそらく身も心もぼろぼろになっている事と思う。
もし、この日記を読んでいたら伝えたい。
色々あるんだろうけど自分がステージで光れる人間だって事を忘れんな!
あの歌を早く聴かせてくれ!
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]