忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

お絵かき日記

今日、家で仕事をしながら偶々つけていたテレビで或るタレントがブログに対する能書きを垂れていた。
ブログっていうのは嫌な事や辛い事があった時なんかにそれを誰かに知ってもらえる大切なスペースで自分にとっては物凄く神聖な場所なんだと真剣に語っていた。
芸能人っていうのは嘘で着飾った部分しかなかなか表に出せないんだろうから何処かで吐き出す場所が無いと辛いのは分からんでもない。
だけどその場所がブログだっていうのは阿呆としか思えない。
そんな事を他人にひけらかしてどういう積もりなんだよ。
慰めて欲しいのか?
同情して欲しいのか?
芸能人に限らずブログと言われる物の中にはこういうのが結構多い。
気持ち悪いんだよ。
愚痴をこぼせる相手が一人も居ないって事なのか?
もしそうだとしたらそいつはろくな奴じゃないって事になるぞ。
タレントとしてどうかって話は別にして人間的に魅力が無いからそういう事になるんだよ。
そんな物書いてる暇があんなら他人とのコミュニケーションの取り方について考え直せばいいだけの事だろが。
媚を売るのが商売なのは分かるが私にとってこういう意味でブログは大切なんですってテレビで言ってる部分でも媚を売っているんだって事に気が付かないのかな?
それも計算尽くなら神聖な場所が聞いて呆れるぜ。
本当にそれが神聖な場所ならテレビでなんか言わないもんだろが。
それより前にそんな物を人に見せようって時点で頭がおかしいって俺は思うけどね。
もっと多いのがその日にあった事をそのまま書いてるだけってやつだ。
個人が今日はどうしたこうしたなんて日常の出来事を並べ立ててもだから何なんだよって思うしかないじゃないか。
うざくて気持ち悪いだけだ。
私は馬鹿ですって触れ回ってるのと丸っきり同じだよ。
そこに主張が無ければ読む意味も無いじゃないか。
読む意味も無い物をだらだら垂れ流してんじゃねえよ馬鹿野郎!。
言っとくがこの日記はそんな垂れ流しのだらしない物とは訳が違うからな。
これは言ってみれば俺の義務だ。
俺が若造の頃に人生の先輩達から教えてもらった人生の術を年長者となった今、今度は若い君等に伝授しなければならないという俺の使命なんだよ。
うるせえおっさんとかくそばばあとか思いながらも実は掛け替えの無いものを与えてくれた人達に感謝する意味でも今度は俺がうるせえおっさんにならなきゃいけないんだよ。
時には辛辣な物言いもするがそれは君等の心にグサッと突き刺さる様に敢てそうしているんだ。
だけど、どれもが全部糞みたいなブログという事じゃあない。
真剣に何かを伝えようとしている中身のしっかりした物も読んだ事がある。
でも、みんな元気ぃ~?でハートマークが並んでいてスペースがいっぱい空いて写真があってまたスペースを多くとってあたしも元気よ~!でハートマークいっぱいみたいな物の方が圧倒的に多いだろ?
これじゃあ幼稚園児のお絵かき日記と同じじゃないか。
読んでる連中の脳味噌も幼稚園児並だって思ってるって事か?
もう死んでくれって感じだ。
こんな物読むんだったらエロサイト観てハァハァ言ってる方がよっぽど健康的だぜ。
PR

Comment

無題

  • 隠れファンSATO
  • 2009-11-09 14:58
  • edit
全面的に同感です。
ましてや芸能人という、「公人」と呼べる立場の人間がそんな発言とは、愚の骨頂ですよね。
その人のファンのほとんどがきっと、その人のストレスに共感する。
それがファン心理だろうし、
その結果、多くのファンは何となくイライラした気持ちで一日を過ごす事になりかねない。
人前に立つ人間ならそんな「負」の連鎖も視野に入れて欲しいですよね。

HEAVEN'S出演した事はありませんが、
いつも楽しみに読ませて頂いているバンドマンでした。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[12/03 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/27 heavensdoor]
[11/25 heavensdoor]
[07/19 heavensdoor]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]