忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

解任騒動

最近の若い子に野球の話をしてもあんまり興味ないからと軽くいなされてしまう事が多い。
スポーツなら断然サッカーが1番人気のようだ。
俺からすれば糞食らえだ。
あんなもの何処が面白いのか丸っきり分からん。
何なんだオフサイドって。
どれだけ説明されても未だに意味が分からんのはやっぱり興味が無いからなんだろうな。
これも世代の違いって事なんだろう。
って事で今日は君等には全然興味が無い野球の話をしよう。
30代半ば以上の人は好きな人が多いからその人達に向けて話そう。
楽天の野村監督が昨日のクライマックスで敗れてとうとうラストゲームになっちゃったけど最後に日ハムの選手も一緒になって胴上げしたのは感動したなぁ。
解任騒動で大揺れだったけどなんかあの胴上げでスッキリした部分もあるよな。
楽天では3年契約で1年延長しての4年間だったけどやっと優勝に絡める位の戦力に育て上げたのに辞めなくちゃいけないってのは相当悔しいと思うな。
世間ではもう完全に球団側が悪役になっているけど冷静に考えてみると実は全然真っ当な処置ではあると思うんだ。
だって契約の延長を決めた時の条件が成績に関係なく1年のみってうたわれていたんだからな。
ファン心理からすると何で折角此処まで来たのにクビなんだとかクライマックスシリーズに突入する最中にクビ発表は酷すぎるとか思うのは当たり前だ。
だけどこういう事は経営サイドでないと絶対に理解出来ない事っていうのが有るんだ。
俺は両方の立場が理解出切るからちょっと複雑な気持ちではある。
と、ここら辺までは極々普通の話ではある。
しかしこれで終わっちゃあこの日記も何処にでも転がっているオナニーショー的ブログと同じ事になっちまう。
ここから先はあくまで俺の想像なんだが実はあの騒動は意図的に作られたものなんじゃないかとも思うんだ。
だって実際にあれで世間の注目が一挙に集まっただろう?
楽天っていう会社はアイデアでのし上った会社だ。
そのアイデアっていうのは人の心理を巧みに突かなければ商売には結び付かない。
要するに馬鹿じゃないんだ。
っていうか飛び抜けて頭が切れる筈だ。
そう考えると自らプロレスで言うヒールをかってでて盛り上げ役に徹したんじゃないかと俺は疑ってしまう部分もある。
だって盛り上がれば盛り上がるほど放映権も高く売れるしグッツの売れ行きにも影響するだろうし。
楽天が球団を持っている最大の理由は宣伝の為だ。
今回の解任騒動でどれだけスポーツ新聞や夕刊紙のトップに楽天の二文字が躍った事か。
だからあれは実は出来レースみたいなもんでノムさんも敢てそれに乗っかってパフォーマンスに徹したんじゃないかと思うんだ。
こういう辞め方をしておけば次に行く球団でも野村人気が期待出来るから契約条件も破格に釣り上がるだろうしさ。
おそらく近い内に球団側はああ、そういう事だったのか的ニュアンスのコメントを発表すると思うんだ。
それでイメージダウンを解消すれば残るのはプラスしかないからね。
かなり捻くれた発想だが短期間に急成長する会社っていうのはこんな普通では考えられない様な発想を持っているものだ。
ユニクロにしてもドンキホーテにしてもそうなんだよ。
普通の発想じゃあ普通の結果しか出て来ないって事だ。
天下取ってやるって思ってるような奴はこの位の事はしても不思議じゃないって思うんだ。
俺は根本的にこういう人達と目指しているものが違うから興味は無いがそういう連中が居るって事は知っておいた方が良いかもしれないな。
PR

Comment

無題

  • おぐしん
  • URL
  • 2009-10-25 18:17
  • edit
ホーリー俺は、中日ドラゴンズの敗退が何より悔しいよ!

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]