忍者ブログ

DIARY

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
MENU

泣きっ面

以前その理由を語ったように俺は高校野球が大嫌いだがそれでも今年大注目を浴びた菊池雄星は知っている。
だいたいあの名前からしてやばい。
雄星って巨人の星の星飛雄馬からパクッたのは見え見えだもんな。
おそらく親父が巨人の星を大好きだったんだろうな。
その菊池が昨日の記者会見で日本でプレーする事を泣きながら明言した。
あれだけ大リーグに行きたいってはっきり宣言していたのに。
これはやっぱり親とか監督とか周りの大人連中に説得されて折れたんだと思う。
全く持ってダサい。
18歳にもなって自分の意志で将来を決められないのか。
誰の為の人生なんだよ。
そりゃあ大人連中に相談すれば日本でやれって言うに決まってるじゃないか。
それは特に親なら心配するのは当たり前で当然の進言だと思うよ。
だから大人連中を責める積もりは毛頭無いが本人が泣きながら会見っていうのは本当は納得していないって事だろう?
納得してたらもっと清々しい会見になる筈だもんな。
未だ18の子供に随分酷い事言うなって意見が聞こえてきそうだが誰もが認める逸材なら自分の意思を貫き通す力強さを18にもなって持っていないんじゃ話になんないぜ。
ゴルフの石川遼を見てみろ。
あいつだって同じ18歳だぞ。
スーパースターになる奴ってのはあの位の逞しさを持っていなけりゃ勤まんないんだよ。
同い年だってのに大人と子供じゃないか。
入団会見で感動して泣いたってのは初々しくて好感が持てるが大人の意見を尊重して自分の夢を蔑ろにして泣いたってのは見た事が無い。
あんなのが男として認められるのは精々中学生位迄だ。
俺は元々大の巨人ファンだったんだがその巨人ファンを辞める切欠になったのは江川という選手の入団のさせ方がフェアでなかったからだ。
それはドラフト会議の前日の事だった。
その日は予備日ではあったのだけれど一切の拘束が解かれる日でもあったんだ。
その無防備状態の1日を利用して江川は巨人入団を唐突に決めたんだ。
だが、当然の様に他球団は反発し野球機構もそれを認めず巨人と対立する事になった。
それは巨人がセリーグ脱退の噂が流れる所まで行ったんだ。
そしてドラフトでは阪神が入団交渉権を手にして江川は阪神入団という事で決着が付いたかに見えた。
実際、江川は阪神と入団契約を結び背番号3というのも決まっていた。
だが、直後に信じられない事態が起こった。
新人選手の公式戦開幕前の移籍は禁止というルールを破りそれまで地道に這い上がってきてやっと巨人のエースになった小林というピッチャーと強引にトレードというやり方で巨人に入ったんだ。
物心付いた頃から野球好きの親父に連れられて球場通いしていた俺からすれば大変なショックだった。
今迄憧れの対象だった野球界が江川というたった一人の新人の為に踏みにじられた思いだったんだ。
そんな俺にとっては大悪党の江川だがたった一つだけ認めてやりたい事がある。
それは日本中の野球ファンを敵に回しても巨人入団という意志を貫き通した所だ。
実際そんな事件の前年のドラフトでも他球団が1位指名したのだがそれを拒否して1年間浪人生活を過ごしているし。
そこら辺の徹底した頑固さは大したものだと思う。
そんな奴も見て来ているから尚更昨日の菊池の泣きっ面が情けなく思えたのかもしれない。
プロのスポーツ選手っていうのはファンからすれば憧れの的なんだよ。
俺なんか未だに野球観る時は子供の頃の心境となにも変わってないもんな。
だから例え未だ入団していなくてももう片足突っ込んでる状態ならかっこよくいて欲しいって思うだけなんだ。
それから繰り返し言うけど18歳にもなって周りの意見によって泣きながら夢を先送りにするのって男としてどうかと思うよ。
やるんならスカッといかなくちゃ。
PR

Comment

無題

  • おぐしん
  • URL
  • 2009-10-27 00:51
  • edit
菊池君には、中日ドラゴンズに来てもらえればと思っています!
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 6 7 8 10
12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/19 heavensdoor]
[06/26 heavensdoor]
[06/20 濁★お兄さん]
[05/05 そよ]
[03/20 嘘だろ主婦]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
heavensdoor
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © DIARY : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]